ホシキモータース/〒 803-0818 福岡県北九州市小倉北区竪町1-3-16 定休日:水曜日/営業時間:10:00-19:00 TEL 093-561-0580 FAX 093-561-7213 二輪車公正取引協議会会員 九州運輸局認証工場
スタッフ募集!オートバイの整備・販売・接客~二輪・四輪業界にて整備経験のある方歓迎します。
ホシキモータースではスタッフを募集しております。明るく元気な方募集!正社員への登用もございます。
業務内容:オートバイの整備・販売・接客
募集職種:メカニック、販売スタッフ
応募資格:国家整備士資格三級以上、二輪免許、普通自動車免許、二輪・四輪業界にて整備経験のある方歓迎します。
勤務先:ホシキモータース
勤務先:〒803-0818 福岡県北九州市小倉北区竪町1-3-16
営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週水曜日(正月、盆、他臨時休業有り)
◆応募方法:まずはお電話で、ご連絡ください。待遇、給与など、その際詳しくご説明させていただきます。
ホシキモータース TEL 093-561-0580  担当:ホシキ
 
このページのトップへ
【2022-08-24】電動スクーター「E-Vino」に新たなバッテリーを搭載して発売~バッテリー容量を従来比1.2倍、新しいカラーを2色設定~

ヤマハ発動機株式会社は、バッテリー容量をアップし、カラーリングを変更した電動スクーター「E-Vino(イービーノ)」を2022年9月30日に発売します。
 今回の2023年モデルは、従来比1.2倍となる12.2Ah容量のバッテリー搭載により、1充電あたりの走行距離を29kmから32km※へ延ばしました。
 またEVらしい2色を新たに設定。加えてアシストグリップ、フラッシャーボディ、レバー、グリップエンドといったコンポーネントパーツをブラック化することでより質感を高めました。
 "シアン/ホワイト"は、クリーンなホワイトにシアンを組み合わせることで、アクティブで明るく都会的なイメージを表現しました。"ホワイト"は、当社の実証実験用電動スクーター「E01(イーゼロワン)」と共通のパール感あるボディ色とし、またVinoロゴ脇に小さく入った"e"ロゴのカラーも「E01」のアクセントカラーとリレーションを図ることで、EVラインアップの広がりをアピールしています。
「E-Vino」は、原付一種スクーターの「Vino」をベースに開発した当社の電動スクーター第4弾です。モーター出力制御によるスムーズな加速感や極低速での優れた実用トルク、着脱式バッテリーによる容易な充電などにより、快適な近距離移動を実現しました。
 なお、本製品の製造は、当社のグループ会社ヤマハモーター台湾で行います。

発売日:2022年9月30日

>>> E-Vino 製品情報はこちら 

E-Vino カラーリング ■ペールシアンパール2(シアン/ホワイト/新色)■ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト/新色)
メーカー希望小売価格 314,600円(本体価格 286,000円/消費税 28,600円)

補助金制度がご利用いただけます クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金〔CEV補助金〕

受付期間:2022年4月28日~2023年3月1日(必着) E-vino購入後に補助金として26,000円が交付されます

>>>詳しくはこちら

【2022-08-10】スポーツスクーター「XMAX ABS」をカラーチェンジして発売~ブランドカラーを象徴するブルーやMAXシリーズを訴求するトレンドカラーなど4色新設定~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・249㎤の"BLUE CORE(ブルーコア)※"エンジンを搭載するスポーツスクーター「XMAX ABS」のカラーリングを変更し、2022年9月8日に発売します。

 新色は4色を設定しました。"マットブルー"は、マットブルーのボディにブルーのホイールを組み合わせたオールブルーのコンビネーションで、ヤマハらしいスポーティさを表現しています。"マットダークグリーン"は、MAXシリーズ最上級の「TMAX560」同様、ダークトーンで深い緑味がかったグレーとゴールドホイールの組み合せにより、大人の優雅さを醸し出しています。"レッド"は、スポーティさとバイタリティをテーマに、ソリッドレッドのボディにブラックのコンポーネントパーツを組み合わせ、ダイナミックなスポーティさを表現しました。"ホワイト"は、グロスホワイトにブラックホイールを組み合わせ幅広い層に向けたスポーティなカラーです。
「XMAX ABS」は、精悍な2眼ヘッドランプやブーメランをイメージしたサイドカバーといった「MAXシリーズ」のイメージを受け継ぐ上質なスタイリングに、軽快な走行性能や快適性・実用機能をバランスさせたモデルです。
 なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行います。
※ BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、"走りの楽しさ"と"燃費・環境性能"の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より"BLUE CORE" を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「XMAX ABS」のエンジンもこの"BLUE CORE"思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

>>>XMAX ABS 製品情報へ

XMAX ABS 発売日 2022年9月8日
カラーリング ■
マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン/新色) ■マットダークグレーメタリック8 (マットダークグレー) ■レッドソリッドH(レッド/新色) ■マットブルーメタリック3(マットブルー/新色) ■ホワイトメタリック6(ホワイト/新色)
メーカー希望小売価格 654,500円(本体価格595,000円/消費税59,500円)
▲マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン/新色)
▲マットダークグレーメタリック8 (マットダークグレー)
▲レッドソリッドH(レッド/新色) ▲マットブルーメタリック3(マットブルー/新色) ▲ホワイトメタリック6(ホワイト/新色)
【2022-08-10】原付二種スクーター「NMAX ABS」をカラーチェンジして発売~MAXシリーズを訴求するトレンドカラーなど質感の高い新色を設定~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・124㎤の"BLUE CORE(ブルーコア)※"エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更し、2022年9月30日に発売します。

 新色は3色を設定しました。"マットダークグリーン"は、MAXシリーズ最上級の「TMAX560」同様、ダークトーンで深い緑味がかったグレーとゴールドホイールの組み合せにより、大人の優雅さを醸し出しています。"ホワイト"は、グロスホワイトにブラックホイールを組み合わせ、幅広い層に向けたスポーティなカラーです。"マットダークグレー"は、2021年モデルで好評だったカラーを踏襲しつつ、グラブバーのカラーをマットブラックに変更することで、ダークトーンのローコントラストで洗練された質感を表現しています。
「NMAX ABS」は、欧州や日本で人気の「MAXシリーズ」のDNAを受け継ぎ、その特徴である斬新なスタイルやスポーティな走りをコンパクトなボディに凝縮。2021年モデルからは、静かなエンジン始動/再始動を可能にする「Smart Motor Generator system」を採用、スマートフォン用専用アプリにも対応しており、通勤や街乗りなど、市街地の移動における快適性を追求したシティコミューターです。
 なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行います。
※ BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、"走りの楽しさ"と"燃費・環境性能"の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より"BLUE CORE" を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX ABS」のエンジンもこの"BLUE CORE"思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

>>>NMAX ABS 製品情報へ

NMAX ABS 発売日 2022年9月30日
カラーリング ■
マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン/新色)■ホワイトメタリック6(ホワイト/新色)■マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー/新色)
メーカー希望小売価格 368,500円(本体価格335,000円/消費税33,500円)
▲マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン/新色)
▲ホワイトメタリック6(ホワイト/新色)
▲マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー/新色)
【2022-06-09】ロードスポーツ「MT-09 ABS」2022年モデルを発売~新たなトレンドを提案するシアンを採用したカラーなど個性豊かな新色を設定~

ヤマハ発動機株式会社は、ロードスポーツ「MT-09 ABS」のカラーリングとグラフィックを変更した2022年モデルを7月28日に発売します。また、これに先駆け、上級仕様の「MT-09 SP ABS」※の2022年モデルを7月6日に発売します。

 「MT-09 ABS」は3色を設定。“グレー”はホイールにシアンを採用し、新たなトレンドを提案。次世代のMTシリーズを象徴するカラーです。“ブルー”は、スーパースポーツモデル「YZF-R1」とのリレーションを図り、高いパフォーマンスを感じさせるカラーとしました。“マットダークグレー”は、ダークトーンのローコントラストでシリアスなイメージを表現しています。
 「MT-09 SP ABS」は、タンクをシルバーに変更することで、当社のスポーツモデルのフラッグシップである「YZF-R1M」と連携を図り、プレミアム感をアップデートしました。
 「MT-09 ABS」は、軽く自在に操れる車体に、トルクフルで軽量なエンジンと最新の各種制御を搭載。サウンドデザインを施した吸排気系と相まって、多様なシーンで俊敏かつ力強い走りを楽しめるモデルです。
※ 「MT-09 SP ABS」は、「MT-09 ABS」をベースに、オーリンズ製リアサスペンションやダブルステッチ入りシート、塗り分け塗装のタンクなど、性能と品質感を向上させたモデル

>>>MT-09 SP ABS/MT-09 ABS 製品情報へ

MT-09 SP ABS 発売日 2022年7月6日
カラーリング ■
ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー/新色)
メーカー希望小売価格 1,265,000円(本体価格1,150,000円/消費税115,000円)
MT-09 ABS 発売日 2022年7月28日
カラーリング ■
パステルダークグレー(グレー/新色)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)■マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー/新色)
メーカー希望小売価格 1,100,000円(本体価格1,000,000円/消費税100,000円)
▲MT-09 SP ABS
ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー/新色)

▲MT-09 ABS
パステルダークグレー(グレー/新色)

▲MT-09 ABS
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)

▲MT-09 ABS
マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー/新色)

【2022-06-08】軽二輪スクーター「X FORCE ABS」新発売~コネクテッド機能を搭載するスポーティで斬新なスタイルのスクーター~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・155cm3の“BLUE CORE (ブルーコア)※”エンジンをスポーティで斬新なスタイリングのボディに搭載した軽二輪スクーターの新製品「X FORCE ABS」を6月28日に発売します。

 「X FORCE ABS」は、“Master of Street Scooter”をコンセプトに、通勤・通学に快適・便利かつ乗って楽しいモデルとして開発しました。
 主な特徴は、1)トラクションコントロールシステムを採用した、走りの楽しさと燃費・環境性能を両立する“BLUE CORE”エンジン、2)静粛なエンジン始動をもたらす「Smart Motor Generator」および全域でのハイパワーに貢献する「VVA(可変バルブ)」、3)軽量・高剛性の新フレームとスポーティな走行を支える足回り、4)ストリートモタードを表現した斬新なスタイリング、5)着信通知や燃費管理が可能なスマートフォン専用アプリへの対応などです。
 なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。
※ BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「X FORCE ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

>>>X FORCE ABS 製品情報へ

X FORCE ABS 発売日 2022年6月28日
カラーリング ■
マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン)■マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)■ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)■ブラックメタリックX(ブラック)
メーカー希望小売価格 396,000円(本体価格360,000円/消費税36,000円)
▲X FORCE ABS
マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2(マットグリーン)

▲X FORCE ABS
マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)

▲X FORCE ABS
ブルーイッシュホワイトパール1(ホワイト)

▲X FORCE ABS
ブラックメタリックX(ブラック)

仕様諸元
●全長/全幅/全高 1,895mm/760mm/1,120mm ●シート高 815mm ●軸間距離 1,340mm ●最低地上高 125mm ●車両重量 130kg ●原動機種類 水冷, 4ストローク, SOHC, 4バルブ ●気筒数配列 単気筒 ●総排気量 155 cm3 ●最高出力 11kW(15PS)/8,000r/min ●最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●エンジンオイル容量 1.00L ●燃料タンク容量 6.1L(無鉛レギュラーガソリン指定) ●吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション ●変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチッ ●タイヤサイズ(前/後) 120/70-13M/C 53P(チューブレス)/ 130/70-13M/C 57P(チューブレス) ●制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ(12V,55W×2) ●乗車定員 2名
【2022-06-02】TMAX560 TECH MAX ABS/TMAX560 ABS 2022年モデル発売~バネ下重量低減を図る軽量ホイール、ナビ機能に対応するTFTメーター採用~

ヤマハ発動機株式会社は、オートマチックスポーツ「TMAX560 TECH MAX ABS」および「TMAX560 ABS」をモデルチェンジし、2022年7月7日に発売します。

 2022年モデルの「TMAX」は、“Maximize the Moment”をコンセプトに開発しました。新たな特徴は、1)軽量“SPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール)”、新タイヤ、Accelerator Position Sensor Gripの採用などによる、スポーツ性のさらなる向上、2)走行性能に調和させた新ライディングポジション、3)当社初の電動タンクキャップなど、エルゴノミクスに配慮した新しい機能・装備、4)スマートフォンとの接続で、ツーリングの楽しさを拡張する7インチ高輝度TFTメーター、5)「TMAX」らしいスポーティさを受け継ぎながら一回りコンパクトになったオールニューのスタイリングなどです。
 「TMAX560 TECH MAX ABS」は、「TMAX560」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、メインシートヒーター、調整機能付きリアサスペンション、夜間の視認性をサポートする光るハンドルスイッチ(一部「TMAX」にも採用)を搭載し、快適性を高めた上級モデルです。

>>>TMAX560 TECH MAX ABS /TMAX560 ABS 製品情報へ

TMAX560 TECH MAX ABS 発売日 2022年7月7日
カラーリング ■
マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン/新色)■パステルダークグレー(グレー/新色)
メーカー希望小売価格 1,551,000円(本体価格1,410,000円/消費税141,000円)
TMAX560 ABS 発売日 2022年7月7日
カラーリング ■
レディッシュイエローカクテル1(イエロー/新色)
メーカー希望小売価格 1,364,000円(本体価格1,240,000円/消費税124,000円)
▲TMAX560 TECH MAX ABS
マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン/新色)

▲TMAX560 TECH MAX ABS
パステルダークグレー(グレー/新色)

▲TMAX560 ABS
レディッシュイエローカクテル1(イエロー/新色)

【2022-04-27】専用アプリで“つながる”機能搭載の「NMAX155 ABS」発売~静かなエンジン始動や燃費節約をもたらす制御技術を採用~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・155cm3の“BLUE CORE※”エンジンをコンパクトなボディに搭載したスクーター「NMAX155 ABS」をモデルチェンジし、5月25日から順次発売します。
 主な特徴は、1)着信通知や燃費管理が可能なスマートフォン専用アプリ対応、2)平成32年排出ガス規制適合の「BLUE CORE」エンジン、3)静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「Smart Motor Generator」、4)低燃費に貢献する「Stop & Start System」、5)スタイルと機能性をバランスさせた新フレームと快適な乗り心地を支える前後サスペンション、6)信頼性と質感の高さを表現したスタイリングなどです。
 「NMAX155 ABS」は、欧州や日本で人気の「MAXシリーズ」のDNAを受け継いだ斬新なスタイルと高速道路も走行可能な155cm3エンジンが生み出すスポーティな走りをコンパクトなボディに凝縮させたモデルです。
 なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing が行います。
 ※ BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX155 ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

>>>NMAX155 ABS 製品情報へ

NMAX155 ABS 発売日 2022年5月25日
カラーリング ■
マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)
NMAX155 ABS 発売日 2022年7月25日
カラーリング ■
マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン)■マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)
メーカー希望小売価格 407,000円(本体価格370,000円/消費税37,000円)

▲マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)
発売日2022年5月25日

▲マットダークブルーイッシュグレーメタリック4(マットダークグリーン)
発売日2022年7月25日

▲マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)
発売日2022年7月25日

【2022-04-22】スーパースポーツ「YZF-R25 ABS」2022年モデル発売~「YZR500」をモチーフにしたWGP 60th Anniversaryも設定~

ヤマハ発動機株式会社は、スーパースポーツ「YZF-R25 ABS」をマイナーチェンジし、5月25日に発売します。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R25 ABS WGP 60th Anniversary」を240台限定で7月12日に発売します。
 2022年モデルは、エンジン性能を維持しながら、平成32年排出ガス規制に適合させ、さらにLEDフラッシャーランプを前後に採用しました。加えて、機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するクイックシフターを「YZF-R25」として初めてアクセサリー設定しました。
 また、カラーリングとグラフィックも変更し、高いパフォーマンスを感じさせる“ブルー”、ダークトーンでモダンな“ブラック”、スポーティーかつカジュアルな“オレンジ”の3色を設定しました。
 「YZF-R25 ABS WGP 60th Anniversary」は、1980年のYZR500をモチーフとしたヤマハレーシング伝統のカラーリングのほか、WGP参戦60周年記念エンブレム、ゴールドカラーのホイール、ブラック仕上げのブレーキレバー・クラッチレバー、イエローのリアサスペンションスプリングを採用しています。
 「YZF-R25 ABS」は、「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに、高次元な走行性能とスタイリング、さらに日常での扱いやすさも兼ね備えたモデルで、10代・20代を中心とする若年層のお客様から支持されています。なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行います。

>>>YZF-R25 ABS 製品情報へ

YZF-R25 ABS 発売日 2022年5月25日
カラーリング ■
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)■ブラックメタリック12(ブラック/新色)■ビビッドオレンジメタリック2(オレンジ/新色)
メーカー希望小売価格 668,800円(本体価格 608,000円/消費税 60,800円)

▲YZF-R25 ABS
パステルダークグレー(グレー/新色)
▲YZF-R25 ABS
パステルダークグレー(グレー/新色)
▲YZF-R25 ABS
パステルダークグレー(グレー/新色)
▲YZF-R25 ABS WGP 60th Anniversary
パステルダークグレー(グレー/新色)

ヤマハ発動機株式会社は、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「YZF-R3 ABS WGP 60th Anniversary」を240台限定で6月15日に発売します。
 1980年のYZR500をモチーフとしたヤマハレーシング伝統のカラーリングのほか、WGP参戦60周年記念エンブレム、ゴールドカラーのホイール、ブラック仕上げのブレーキレバー・クラッチレバー、イエローのリアサスペンションスプリングを採用しています。
「YZF-R3 ABS」は、「毎日乗れるスーパーバイク」をコンセプトに、高次元な走行性能とスタイリング、さらに日常での扱いやすさも兼ね備えたモデルで、10代・20代を中心とする若年層のお客様から支持されています。なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行います。

>>>YZF-R3 WGP 60th Anniversary 製品情報へ

YZF-R3 WGP 60th Anniversary 発売日 2022年6月15日 数量限定240台
カラーリング ■
シルキーホワイト(ホワイト/新色)
メーカー希望小売価格 723,800円(本体価格 658,000円/消費税 65,800円)


>>>YZF-R25 WGP 60th Anniversary 製品情報へ

YZF-R3 WGP 60th Anniversary 発売日 2022年7月12日 数量限定240台
カラーリング ■
シルキーホワイト(ホワイト/新色)
メーカー希望小売価格 690,800円(本体価格 628,000円/消費税 62,800円)

【2022-04-22】ロードスポーツ「MT-25 ABS」2022年モデルを発売~エンジン性能を維持しながら平成32年排出ガス規制に適合~

ヤマハ発動機株式会社は、ロードスポーツ「MT-25 ABS」をマイナーチェンジし、5月25日に発売します。
 2022年モデルは、エンジン性能を維持しながら、平成32年排出ガス規制に適合させました。加えて、機敏で滑らかなシフトアップ操作を支援するクイックシフターを「MT-25」として初めてアクセサリー設定しました。
 また、カラーリングとグラフィックも変更しました。“グレー”はホイールにシアンを採用し、新たなトレンドを提案。次世代のMTシリーズを象徴するカラーです。“ブルー”は、当社のフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを図り、高いパフォーマンスを感じさせるカラーとしました。“マットダークグレー”は、ダークトーンのローコントラストでシリアスなイメージを表現しています。 
 「MT-25 ABS」は、シャープで躍動感あるスタイリングと軽快な走りを兼ね備え、“MTシリーズ”のエントリーモデルとして、若年層を中心に高い人気を得ています。
 なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturingが行います。

>>>MT-25 ABS 製品情報へ

MT-25 ABS 発売日 2022年5月25日
カラーリング ■
パステルダークグレー(グレー/新色)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)■マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー/新色)
メーカー希望小売価格 814,000円(本体価格740,000円/消費税74,000円)

▲パステルダークグレー(グレー/新色)
▲ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色) ▲マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー/新色)
【2022-04-12】ロードスポーツ「MT-07 ABS」2022年モデルを発売~新たなトレンドを提案するシアンを採用したカラーなど個性豊かな3色を新設定~

ヤマハ発動機株式会社は、ロードスポーツ「MT-07 ABS」の2022年モデルを5月25日に発売します。
 2022年モデルはカラーリングとグラフィックを変更した3色を設定しました。“グレー”はホイールにシアンを採用し、新たなトレンドを提案。次世代のMTシリーズを象徴するカラーです。“ブルー”は、当社のフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを図り、高いパフォーマンスを感じさせるカラーとしました。“マットダークグレー”は、ダークトーンのローコントラストでシリアスなイメージを表現しています。 
 「MT-07 ABS」は、「Accessible MT with a Fitter Body」をコンセプトに開発しました。“クロスプレーン・コンセプト※”の2気筒270 度クランクエンジンをコンパクトなボディに搭載し、走りの楽しさとストリートで映えるデザインや優れたコストパフォーマンスを兼ね備えた、さまざまなシーンで楽しめるモデルです。

>>>MT-07 ABS 製品情報へ

MT-07 ABS 発売日 2022年5月25日
カラーリング ■
パステルダークグレー(グレー/新色)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色)■マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー/新色)
メーカー希望小売価格 814,000円(本体価格740,000円/消費税74,000円)

▲パステルダークグレー(グレー/新色)
▲ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/新色) ▲マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー/新色)
【2022-04-01】V-Strom250 ABS ツーリングサポートキャンペーン【SUZUKI】

期間中、キャンペーン実施店にてV-Strom250 ABSの新車購入者を対象に、同時購入でご利用いただけるスリーケースセット(純正用品)※ 購入サポートクーポンプレゼント!

※スリーケースセット:トップケースセット、トップケースプレートセット、サイドケースセット、サイドケースプレートセット、スリーケースロックセット

>>>キャンペーン詳細はこちら

キャンペーン期間 2022年4月1日(金)~2022年9月30日(金)

【2022-03-01】原付一種スクーター「Vino」2022年モデルを発売~レトロポップなスタイルに似合うトレンドにマッチした2色を新設定~

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「Vino」の2022年モデルを4月12日に発売します。
 2022年モデルは、シンプル&キュートな新色を2色追加しました。“ライトブルー”は水色とベージュのツートーンで「Vino」らしいかわいさとクラシカルな雰囲気を演出。“マットグリーン”は、基本色のマットグリーンにホワイトのアクセントが入り、ユニセックスかつ上品で落ち着いたカラーです。なお、“レッド”、“ブラック”、“ブラウン”、“ベージュ”は、継続して販売し、あわせて全6色で展開します。 
 「Vino」はレトロ感を表現したファッションスクーターです。ブレーキングをサポートするコンビブレーキやアイドリングストップ・システムなど、日常の移動に便利な装備も充実しています。なお、製造は本田技研工業株式会社が行います。

>>>Vino 製品情報へ

XSR700 ABS 発売日 2022年4月12日
カラーリング ■
ボニーブルー(ライトブルー/新色)■マットアーマードグリーンメタリックM(マットグリーン/新色)発売日 2022年4月12日
継続販売
■ファイティングレッド(レッド)■グラファイトブラック(ブラック)■マホガニーブラウンメタリック(ブラウン)■バージンベージュ(ベージュ)
メーカー希望小売価格 203,500円(本体価格185,000円/消費税18,500円)

▲ボニーブルー(ライトブルー/新色)発売日 2022年4月12日
▲マットアーマードグリーンメタリックM(マットグリーン/新色)発売日 2022年4月12日 ▲ファイティングレッド(レッド) 継続販売 ▲グラファイトブラック(ブラック) 継続販売 ▲マホガニーブラウンメタリック(ブラウン) 継続販売
▲バージンベージュ(ベージュ) 継続販売
【2022-02-24】スポーツヘリテージ「XSR700 ABS」2022年モデル発売~往年のヤマハスポーツバイクを象徴するグラフィック&カラー採用~

ヤマハ発動機株式会社は、スポーツヘリテージ「XSR」シリーズの「XSR700 ABS」をマイナーチェンジし、2022年モデルとして4月8日に発売します。
 2022年モデルの主な変更点は、1)エンジンの平成32年排出ガス規制適合化、2)快適性とスポーツ性能を兼ね備えた新タイヤの採用とフロントブレーキディスクの大径化、3)ヘッドランプ、ポジションランプ、フラッシャーランプのLED化、4)ネガポジ反転LCDメーター採用、5)往年のヤマハスポーツバイクを想起させるグラフィック&カラーの採用です。  
 「XSR700 ABS」は、オーセンティックな外観やリラックスして乗れる扱いやすさ、カスタマイズの可能性を想起させるボディワークを調和させ、カジュアルに末長くバイクライフを楽しんでいただくことを目指して開発したモデルです。

>>>XSR700 ABS 製品情報へ

XSR700 ABS 発売日 2022年4月8日
カラーリング ■
ラジカルホワイト(ホワイト/新色)■ブラックメタリックX(ブラック/新色)
メーカー希望小売価格 935,000円(本体価格 850,000円/消費税 85,000円)

▲ラジカルホワイト(ホワイト/新色)
▲ブラックメタリックX(ブラック/新色)
【2022-02-15】原付二種スクーター「AXIS Z」2022年モデルを発売~始動時の振動と制動時の挙動を軽減し、乗り心地を向上~

ヤマハ発動機株式会社は、“走り”と“環境性能”を融合した“BLUE CORE”※1エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種スクーター「AXIS Z(アクシス ゼット)」をマイナーチェンジし、3月18日に発売します。
 2022年モデルの変更点は、1)エンジンの平成32年排出ガス規制適合化、2)静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「SMG(Smart Motor Generator)」採用、3)リアブレーキ操作でフロントブレーキもバランスよく効力を発生させる「UBS(Unified Brake System)」採用、4)ヘッドランプの光量アップ、5)カラーリングのアップデートです。
「AXIS Z」は、ヤマハ125ccスクータートップの低燃費51.9km/L(WMTCモード値※2)や扱いやすい軽量ボディ、大容量約37.5Lのシート下トランク(ジェット型ヘルメット2個収納可能※3)など、実用性と快適な乗り心地を兼ね備え、通勤など日常の移動手段として幅広いお客様から支持されています。
なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

発売日:2022年3月18日  >>> AXIS Z 製品情報はこちら 

AXIS Z カラーリング ■マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)■ブラックメタリックX(ブラック)■グレーメタリックM(グレー)■マットダークイエローイッシュグレーメタリック4(マットブラウン)■ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)

メーカー希望小売価格 271,700円(本体価格 247,000円/消費税 24,700円)

▲マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)
▲ブラックメタリックX(ブラック) ▲グレーメタリックM(グレー) ▲マットダークイエローイッシュグレーメタリック4(マットブラウン) ▲ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)
【2021-12-20】スポーツツアラー「FJR1300AS/A」20周年記念モデル発売~ブラックボディにゴールドのエンブレムやホイールなどをあしらった特別仕様~

ヤマハ発動機株式会社は、長距離ツーリング性能とスポーツ性能を兼ね備えたスポーツツアラー「FJR1300AS」および「FJR1300A」に20th Anniversary Editionを設定し、2022年2月10日に発売します。なお、国内向けの「FJR1300AS/A」は、当モデルをもって生産を終了します。
 20th Anniversary Editionは、ボディカラーをブラックメタリックXとし、タンク天面にゴールドの20周年記念エンブレム、ゴールド「FJR」ロゴ、ゴールドの前後ホイール、専用ステッチ&エンボス加工を施した専用シート、フューエルリッドやレバー、フートレストにブラックのコンポーネントカラーを採用しています。  
 なお、「FJR1300AS」は、標準モデル「FJR1300A」をベースに、クラッチ操作不要でシフトチェンジが可能なYCC-S(ヤマハ電子制御シフト)、電動調整サスペンション、コーナーリングランプ(LED)などを採用した上級モデルです。
 2001年にヨーロッパでデビューした「FJR1300」は、シルキーでトルクフルなエンジン特性と長距離高速巡航性能、そして高い快適性と俊敏な運動性能によって“スポーツツアラー”というカテゴリーをつくり上げました。

>>>FJR1300AS 20th Anniversary Edition/FJR1300A 20th Anniversary Edition 製品情報へ

FJR1300AS 20th Anniversary Edition 発売日 2022年2月10日
カラーリング ■
ブラックメタリックX(ブラック/新色)
メーカー希望小売価格 1,980,000円(本体価格1,800,000円/消費税180,000円)
FJR1300A 20th Anniversary Edition 発売日 2022年2月10日
カラーリング ■
ブラックメタリックX(ブラック/新色)
メーカー希望小売価格 1,650,000円(本体価格1,500,000円/消費税150,000円)
▲FJR1300AS 20th Anniversary Edition
ブラックメタリックX(ブラック/新色)
▲FJR1300A 20th Anniversary Edition
ブラックメタリックX(ブラック/新色)
【2021-11-16】原付2種スクーター「CYGNUS GRYPHUS」発売~シリーズ初の水冷“BLUE CORE” エンジン搭載で出力・燃費を向上~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・124cm3の“BLUE CORE※”エンジンを搭載した原付2種スクーターの新製品「CYGNUS GRYPHUS(シグナス グリファス)」を2021年12月23日に発売します。また、ロードレース世界選手権参戦60周年記念カラーを施した「CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary」を1,000台限定で、2月24日に発売します。
 「CYGNUS GRYPHUS」は、“Advanced Total Performance Sport”をコンセプトに開発しました。現行「CYGNUS-X」をフルモデルチェンジした、CYGNUSシリーズ初の水冷エンジン搭載車です。パワーは従来比で20%以上、燃費は約20%向上(WMTCモード燃費/クラス1)しました。
 
主な特徴は、1)走りの楽しさと燃費・環境性能を両立する水冷“BLUE CORE (ブルーコア)”エンジン、2)静粛かつ振動の少ないエンジン始動をもたらす「Smart Motor Generator」、および全域でのハイパワーに貢献する「VVA(可変バルブ)」、3)新設計フレームと新開発のワイドタイヤなどスポーティな走行性能を支える足回り、4)CYGNUSの血統を受け継いだ新スタイル、5)快適便利な装備などです。
※ BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「CYGNUS GRYPHUS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

>>> CYGNUS GRYPHUS 製品情報はこちら >>> CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary 製品情報はこちら

CYGNUS GRYPHUS 発売日:2021年12月23日
カラーリング ■
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)■ブラックメタリックX(ブラック)■ホワイトメタリック1(ホワイト)
メーカー希望小売価格 357,500円(本体価格 325,000円/消費税 32,500円)
CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary 発売日:2022年2月24日
カラーリング ■
シルキーホワイト(ホワイト)
メーカー希望小売価格 368,500円(本体価格 335,000円/消費税 33,500円)
▲CYGNUS GRYPHUS
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
▲CYGNUS GRYPHUS
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
▲CYGNUS GRYPHUS
ブラックメタリックX(ブラック)
▲CYGNUS GRYPHUS
ホワイトメタリック1(ホワイト)
▲CYGNUS GRYPHUS WGP 60th Anniversary
シルキーホワイト(ホワイト)
【2021-06-22】フルモデルチェンジしたロードスポーツ「MT-09 ABS」発売~エンジン、フレームを刷新、新技術を活用した軽量ホイール初採用などで大幅進化~

ヤマハ発動機株式会社は、ロードスポーツ「MT-09 ABS」をフルモデルチェンジし、8月26日に発売します。また上級仕様の「MT-09 SP ABS」※を7月28日に発売します。
 「MT-09 ABS」は、従来からの“Torque & Agile”のキャラクターを継承・進化させ、ライダーに“Feeling”をもたらす“The Rodeo Master”をコンセプトに開発しました。エンジン・車体ともに刷新することで大幅に進化させながら、随所に軽量化技術を織り込み、従来モデル比で約4kg軽量に仕上げています。
 
新たな特徴は、1)トルクフルな新888cm3CP3エンジン、2)最低肉厚1.7mmの軽量CFアルミダイキャスト製新フレーム、3)独自のSPINFORGED WHEEL(スピンフォージドホイール)技術による軽量アルミホイール、4)トルク感と加速感を表現したサウンドデザイン、5)新IMUを活用した運転操作を支援する各種制御、6)感覚を刺激する新ボディデザインなどです。
※ 「MT-09 SP ABS」は、「MT-09 ABS」をベースに、オーリンズ製リアサスペンションやダブルステッチ入りシート、塗り分け塗装のタンクなど、性能と品質感を向上させたモデル

>>> MT-09 SP ABS/MT-09 ABS 製品情報はこちら

発売日:2021年6月28日MT-09 SP:2021年7月28日 MT-09:2021年8月26日

MT-09 SP ABS
カラーリング ■
ブラックメタリックX(ブラック)
メーカー希望小売価格 1,265,000円(本体価格1,150,000円/消費税115,000円)
MT-09 ABS
カラーリング ■
パステルダークグレー(グレー)、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)、マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
メーカー希望小売価格 1,100,000円(本体価格1,000,000円/消費税100,000円)
▲MT-09 SP ABS
ブラックメタリックX(ブラック)
▲MT-09 ABS
パステルダークグレー(グレー)
▲MT-09 ABS
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
▲MT-09 ABS
マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
【2021-05-20】専用アプリで“つながる”スクーター「NMAX ABS」を発売~静かなエンジン始動や燃費節約をもたらす制御技術を採用~

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・124cm3の“BLUE CORE※”エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」をモデルチェンジし、2021年モデルとして6月28日に発売します。
 主な特徴は、1)着信通知や燃費管理が可能なスマートフォン用専用アプリ当社国内モデル初対応、2)トラクションコントロールシステムを採用した平成32年排出ガス規制適合の新「BLUE CORE」エンジン、3)静かなエンジン始動/再始動を可能にする「Smart Motor Generator system」、4)低燃費に貢献する 「アイドリングストップシステム」、5)スタイルと機能性をバランスさせた新フレームと快適な乗り心地を支える前後サスペンション、6)信頼性と質感の高さを表現したスタイリングなどです。
 
「NMAX ABS」は、欧州や日本で人気の「MAXシリーズ」のDNAを受け継ぎ、その特徴である斬新なスタイルやスポーティな走りをコンパクトなボディに凝縮。通勤や街乗りなど、市街地の移動における快適性を追求したシティコミューターです。
なお、製造は当社グループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。
※ BLUE CORE:ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号。

>>> NMAX ABS 製品情報はこちら

NMAX ABS 発売日:2021年6月28日
カラーリング ■
ホワイトメタリックB(シルバー)パステルダークグレー(グレー)マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)
メーカー希望小売価格 368,500円(本体価格335,000円/消費税33,500円)

▲ホワイトメタリックB(シルバー)
▲パステルダークグレー(グレー)
▲マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)
▲マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)

NMAX ABSに快適装備をプラス アクセサリーパッケージ NMAX ABS 快適セレクション

NMAX ABS 快適セレクション 発売日:2021年6月28日
カラーリング ■
ホワイトメタリックB(シルバー)パステルダークグレー(グレー)マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)
販売会社希望小売価格 409,200円(本体価格372,000円/消費税37,200円)


NMAX ABS 快適セレクションは、NMAX125(NMAX ABS)(基本車)メーカー希望小売価格 368,500円[消費税10%含む](本体価格 335,000円)に、NMAX ABS 快適セレクション アクセサリーセット メーカー希望小売価格74,140円[消費税10%含む](本体価格 67,400円)を装着したアクセサリーパッケージです。

>>> NMAX ABS 快適セレクション 製品情報はこちら

●NMAX ABS 快適セレクション アクセサリーセットは取扱い販売店での装着となります。●価格は参考価格です。販売会社希望小売価格は消費税率10%にもとづく価格です。詳しくは、販売店にお問い合わせください。●販売会社希望小売価格(リサイクル費用含む)には保険料、税金(消費税除く)、登録などに伴う諸費用は含まれていません。●価格は下記アクセサリー4点の合計価格です。●NMAX125(NMAX ABS)(基本車)は2年保証、ハイスクリーン、リアキャリア、ユーロトップケース 39L、ユーロトップケース キーシリンダーBは1年保証となります。●一部取扱いのない販売店がございます。

▲ハイスクリーン
メーカー希望小売価格 27,500円[消費税10%含む](本体価格25,000円)
手元まで幅広くカバーするハイスクリーン。身体に当たる雨・風を効率よく軽減し、快適な走行をサポート。
●「NMAX」ロゴ入り ●サイズ:全長約720mm、全幅約550mm●スクリーンの高さ:標準バイザー +240mm ●材質:4mm厚ポリカーボネート+ハードコート ●カラー:クリア
※ナックルバイザー(Q5KYSK132R04)との同時装着はできません。

▲リアキャリア
メーカー希望小売価格 18,150円[消費税10%含む](本体価格16,500円)
タンデムライダーのハンドグリップ機能を合わせ持つリアキャリア。トップケースを装着しない状態でも車両スタイリングにマッチするデザイン。
●材質:アルミダイキャスト ●最大積載量:3kg(トップケース重量を除く) ●カラー:マットブラック2 塗装
※取付には標準グラブバーとの交換が必要です。(テールランプカバーの加工不要)
▲ユーロトップケース 39L
メーカー希望小売価格 25,300円[消費税10%含む](本体価格23,000円)
欧州ヤマハで企画された堅牢な作り&車両デザイナーによるシャープなデザインが魅力のトップケース。●容量:39L ●材質:PP ●ボックス単体重量:4.0kg●最大積載量:3.0kg ●サイズ:長さ400mm×幅500mm×高さ360mm
※フルフェイスヘルメット1個収納可能
※ヘルメットの大きさ・形状により収納できない場合があります。
※装着には別途ユーロトップケース用キーシリンダーBが必要です。
▲ユーロトップケース キーシリンダーB
メーカー希望小売価格 3,190円[消費税10%含む](本体価格2,900円)
ユーロトップケース用のキーシリンダーセット。キー2個入り。
●材質:ポリカーボネイト3mm厚 ●カラー:クリア ●サイズ:STD比 高さ:+約310mm・幅:+約330mm
※車両本体のキーと共通使用はできません。
【2021-01-21】「SR400 Final Edition」を発売、国内向けの「SR400」は、当モデルをもって生産を終了します。

ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ・単気筒エンジンを搭載した「SR400 Final Edition」を2021年3月15日に発売します。なお、国内向けの「SR400」は、当モデルをもって生産を終了します。
 1978年の初代発売以後、熟成と進化を重ねてきた「SR400」は、ビッグシングルの心地よい鼓動感、シンプルなスタイル、キックスターター方式など不変の“SRらしい”個性により、エントリーライダーからベテランライダーまで、年齢を問わず幅広いお客様から支持されています。

>>> SR400 Final Edition 製品情報はこちら

SR400 Final Edition 発売日:2021年3月15日
カラーリング ■
ダークグレーメタリックN(ダークグレー)■ダルパープリッシュブルーメタリックX(ブルー)
メーカー希望小売価格 605,000円(本体価格550,000円/消費税55,000円)

▲SR400 Final Edition
ダークグレーメタリックN(ダークグレー)
▲SR400 Final Edition
ダルパープリッシュブルーメタリックX(ブルー)
【2020-09-30】CYGNUS-X monster Energy Yamaha MotoGP Edition 登場。台数限定モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ・124cm3エンジンを搭載した原付二種スクーター「CYGNUS(シグナス)-X」に、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のカラーリングを再現した「CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition」を設定し、800台の台数限定で10月20日に発売します。
 “Monster Energy Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、1)レースを象徴するヤマハレーシングブルーとブラックで統一したレーシーな外装色、2)「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィック、3)ゴールドカラーの音叉エンブレムなどを採用しました。
「CYGNUS-X」は、精悍なフロントフェイスや導光タイプのLEDテールランプといったスポーティかつ先進的なスタイルに加え、市街地の実用域でパワフルな出力特性を発揮し、優れた走行性と利便性を兼ね備えたモデルです。なお本製品の製造は、ヤマハモーター台湾で行います。

発売日:2020年10月20日

>>> CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition 製品情報はこちら 

CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition
カラーリング ■ブラックメタリックX (ブラック)
メーカー希望小売価格 346,500円(本体価格315,000円/消費税 31,500円)

▲「YZR-M1」をイメージさせるゴールドカラーの音叉エンブレム
▲精悍な印象でリアビューを引き締めるブルーカラーのグラブバー ▲「Monster Energy Yamaha MotoGP」チームのカラーリングを再現したグラフィック ▲「Monster Energy Yamaha MotoGP」チームのカラーリングを再現したグラフィック
【2020-08-24】新型Leaning Multi Wheel「TRICITY300 ABS」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・SOHC・単気筒・4バルブ・292cm3“BLUE CORE※1(ブルーコア)”エンジンを搭載するLMW※2の新製品「TRICITY300 ABS」を9月30日に発売します。
 「TRICITY300 ABS」は、“The Smartest Commuting Way”をコンセプトに開発しました。旋回時の優れた安定感や自然なハンドリングを生み出すLMWテクノロジー※3やパワフルで環境性能に優れる“BLUE CORE”エンジンなどにより、日常的な通勤・通学や都市の移動に安心感と快適性をもたらします。また、車両の自立をアシストする「スタンディングアシスト」を当社市販モデルで初採用しました。
主な特長は、1)快適な乗り味を支えるステアリング機構“LMWアッカーマン・ジオメトリ※4”、2)停車時や押し歩き時に便利な「スタンディングアシスト」、3)市街地での使用に配慮した“BLUE CORE”エンジン、4)安定感としなやかさをもたらす新フレーム、5)“Y”をモチーフにした進化したブランドアイコン、6)アクティブでスマートなスタイリング、7)制動時の車体挙動を穏やかにするABSとUBS、などです。

※1 BLUE CORE: ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として2014年から“BLUE CORE” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「TRICITY300 ABS」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。商標登録第5676267号
※2 LMW: Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。
※3 LMWテクノロジー: 平行な上下2本のアームで構成するパラレログラムリンクを用いたサスペンションと操舵機構で軽快感と安定感の両立に貢献する技術。
※4 LMWアッカーマン・ジオメトリ: リーンし、なおかつ内外輪差が生まれるフロント2輪が、常に旋回方向を向く設計を成立させ、同心円を描く滑らかな旋回を可能とするヤマハ独自の構造のこと。

>>> TRICITY300 ABS/トリシティ300 製品情報はこちら

TRICITY300 ABS/トリシティ300 発売日:2020年9月30日
カラーリング ■
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)■マットグレーメタリック6(マットグレー)■マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)
メーカー希望小売価格 957,000円(本体価格870,000円/消費税87,000円)
▲TRICITY300 ABS/トリシティ300
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
▲TRICITY300 ABS/トリシティ300
マットグレーメタリック6(マットグレー)
▲TRICITY300 ABS/トリシティ300
マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)
TRICITY300 ABS/トリシティ300主要仕様諸元
●全長/全幅/全高 2,250mm/815mm/1,470mm ●シート高 795mm ●軸間距離 1,595mm ●最低地上高 130mm ●車両重量 237kg ●原動機種類 水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ ●気筒数配列 単気筒 ●総排気量 292cm3 ●最高出力 21kW(29PS)/7,250r/min ●最大トルク 29N・m(3.0kgf・m)/5,750r/min ●始動方式 セルフ式 ●エンジンオイル容量 1.70L ●燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定) ●吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション ●変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック ●タイヤサイズ(前/後) 120/70-14M/C 55P(チューブレス)/ 140/70-14M/C 62P(チューブレス) ●制動装置形式(前/後) 油圧式ディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED ●乗車定員 2名
【2020-04-08】「TMAX560 TECH MAX ABS」「TMAX560 ABS」新発売~排気量をアップした新エンジンを搭載し、スポーティかつ上質な走りを実現~

ヤマハ発動機株式会社は、新設計の561cm3・水冷・4ストローク・DOHC・4バルブエンジンを搭載したオートマチックスポーツの新製品「TMAX560 TECH MAX ABS」および「TMAX560 ABS」を5月8日に発売します。
 「TMAX560 TECH MAX ABS」「TMAX560 ABS」は、オートマチックスポーツ「TMAX530シリーズ」の後継モデルとして“Sophisticated MAX”をコンセプトに開発したモデルです。環境規制への対応とスポーティかつ低振動の上質な走りを両立。また外装変更により、デザイン性と快適性を向上させました。
 主な特長は、1)スポーティかつ上質な走りを生む新設計561cm3エンジン、2)新排出ガス規制をクリアした優れた環境性能、3)セッティングを最適化し、快適性を高めた前後サスペンション、4)個性を磨き上げたスポーティかつ上質な新デザインなどです。
なお、「TMAX560 TECH MAX ABS」は、「TMAX560 ABS」をベースに、クルーズコントロールシステム、電動調整式スクリーン、グリップウォーマー、シートヒーター、調整機能付きリアサスペンションを搭載し、快適性を高めた上級モデルです。

>>> TMAX560 TECH MAX ABS/TMAX560 ABS 製品情報はこちら

発売日:2020年5月8日

TMAX560 TECH MAX ABS 
カラーリング ■マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー) ■マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)
 
メーカー希望小売価格 1,419,000円(本体価格1,290,000円/消費税129,000円)

TMAX560 ABS 
カラーリング ■
マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)
メーカー希望小売価格 1,276,000円(本体価格1,160,000円/消費税116,000円)
▲TMAX560 TECH MAX ABS
マットダークグレーメタリックA(マットグリーニッシュグレー)
▲TMAX560 TECH MAX ABS
マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)
▲TMAX560 ABS
マットブルーイッシュグレーメタリック3(マットグレー)
TMAX560 TECH MAX ABS/TMAX560 ABS主要仕様諸元 〈 〉内はTMAX560 TECH MAX
●全長/全幅/全高 2,200mm/765mm/1,420mm ●シート高 800mm ●軸間距離 1,575mm ●最低地上高 125mm ●車両重量 218kg 〈220kg〉 ●原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数配列 直列, 2気筒 ●総排気量 561cm3 ●最高出力 35kW(48PS)/7,500r/min ●最大トルク 56N・m(5.7kgf・m)/5,250r/min ●始動方式 セルフ式 ●エンジンオイル容量 3.50L ●燃料タンク容量 15L(無鉛プレミアムガソリン指定) ●吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション ●変速装置/変速方式 Vベルト式無段変速/オートマチック ●タイヤサイズ(前/後) 120/70R15M/C 56H(チューブレス)/ 160/60R15M/C 67H(チューブレス) ●制動装置形式(前/後) 油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式) ●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED ●乗車定員 2名
【2019-07-25】CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition 台数限定モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ・124cm3エンジンを搭載した原付二種スクーター「CYGNUS(シグナス)-X」に、二輪車最高峰のレースMotoGPで活躍するレーシングマシン「YZR-M1」のイメージを再現した「CYGNUS-X」Monster Energy Yamaha MotoGP Editionを設定し、1,300台の台数限定で9月10日より発売します。
 「CYGNUS-X」は、精悍なフロントフェイスや導光タイプのLEDテールランプといったスポーティかつ先進的なスタイルに加え、市街地の実用域でパワフルな出力特性を発揮し、優れた走行性を兼ね備えたモデルです。
“Monster Energy Yamaha MotoGP Edition”は、スタンダードモデルをベースに、1)レースを象徴するヤマハレーシングブルーを加えた外装色、2)「YZR-M1」をイメージさせるモンスターエナジーヤマハのグラフィック、3)ゴールドカラーの音叉エンブレム、4)ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー、5)イエロースプリングの専用リアサスペンションなどを採用しました。なお本製品の製造は、ヤマハモーター台湾で行います。

発売日:2019年9月10日

>>> CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition 製品情報はこちら 

CYGNUS-X Monster Energy Yamaha MotoGP Edition
カラーリング ■ブラックメタリックX (ブラック)
メーカー希望小売価格 340,200円(本体価格315,000円/消費税 25,200円)

▲ゴールドカラーの前後ブレーキキャリパー
▲「YZR-M1」をイメージさせるゴールドカラーの音叉エンブレム ▲イエロースプリングの専用リアサスペンション ▲リアカウルにはモンスターエナジーヤマハのグラフィック
【2018-10-04】スポーティなスタイルと走りを備える原付2種スクーター 「CYGNUS-X」 をマイナーチェンジ

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティなスタイルと走りで人気の原付2種スクーター「CYGNUS-X」をマイナーチェンジし、2018年11月9日より発売します。
 「CYGNUS-X」は、外観を一新し、よりスポーティかつ先進的なスタイリングへの進化と機能性の向上を図りました。
 主な変更点は、1)LEDヘッドランプや導光タイプのLEDテールランプなど新作灯火器の採用、2)フルデジタルの液晶マルチファンクションメーターの採用、3)USB対応でスマートフォンなどの充電に便利な12V・DCジャックの採用 などです。
 カラーリングは、力強くスポーツマインドを刺激する“レッド”、スタイリッシュさを強調し、時代の感性にフィットする新たなスポーツスタイルを演出する”ガンメタ”、飾らないベーシックさと革新的なスポーティ感を両立した“ホワイト”および“ブラック”の4色設定です。
 なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

>>> CYGNUS-X 製品情報はこちら

発売日:2018年11月9日

CYGNUS-X カラーリング ■ビビットレッドメタリック5(ニューカラー/レッド)■ダークグレーメタリックL(ニューカラー/ガンメタ)■ホワイトメタリック1(ニューカラー/ホワイト)■ブラックメタリックX(ニューカラー/ブラック) 
メーカー希望小売価格 329,400円(本体価格305,000円/消費税24,400円)

CYGNUS-X 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 1,890mm×690mm×1,120mm ●シート高 775mm ●軸間距離 1,305mm ●最低地上高 115mm ●車両重量 119kg ●エンジン 種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 124cm3 ●最高出力 7.2kW(9.8PS)/7,500r/min ●最大トルク 9.9N・m(1.0kgf・m)/6,000r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 6.5L(「無鉛レギュラーガソリン」指定) ●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)110/70-12 47L/120/70-12 51L (前後チューブレス) ●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED
▲ビビットレッドメタリック5(ニューカラー/レッド)
▲ダークグレーメタリックL(ニューカラー/ガンメタ) ▲ホワイトメタリック1(ニューカラー/ホワイト) ▲ブラックメタリックX(ニューカラー/ブラック)
【2018-09-14】排出ガス規制に適合、デビュー40周年を迎えたロングセラーモデル「SR400」を発売 40th Anniversary Editionを数量限定で同日発売

ヤマハ発動機株式会社は、2017年に生産を終了した「SR400」を従来の個性はそのままに、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させ11月22日より発売します。また、発売40周年を記念した「SR400 40th Anniversary Edition」を数量限定500台で同日より発売します。
 「SR400」は、心地よい鼓動感のビッグシングルエンジン、シンプルかつ美しいスタイリング、キックスターター方式、といった1978年の発売以後、熟成と深化を重ねた “SRらしい”個性が人気のロングセラーモデルです。
 新たな特徴は、1)優れた環境性能と燃費性を実現するO2フィードバック制御の精度向上、2)蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスターの採用、3)音響解析技術を駆使し、低音と歯切れの良さを向上させた新マフラー、などです。なお、キックスターターやデコンプレバーなどは従来モデルから継続採用しています。
 カラーリングは、ブラックとメッキの金属感を調和させ、本質的な魅力を表現した「ヤマハブラック(ブラック)」と、リラックス&カジュアルな印象をアピールした「グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)」を設定しました。
 「SR400 40th Anniversary Edition」は、「ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン)」をベースに、職人の手作業によるサンバースト塗装※を施したフューエルタンクや真鍮音叉エンブレム、サイドカバーの電鋳SRエンブレムなど、素材から塗装まで所有感を満たす装飾にこだわり、SRの歴史や世界観が凝縮されたモデルです。
※サンバースト塗装:ベースの基本色にぼかし塗装を施す塗装

>>> SR400 製品情報はこちら >>> SR400 40th Anniversary Edition 製品情報はこちら

発売日:2018年9月20日

SR400 カラーリング ■ヤマハブラック(ブラック)■グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー) メーカー希望小売価格 572,400円(本体価格530,000円/消費税42,400円)
SR400 40th Anniversary Edition カラーリング ■ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン) メーカー希望小売価格 691,200円(本体価格640,000円/消費税51,200円)
SR400 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,085mm/750mm/1,100mm ●シート高 790mm ●軸間距離 1,410mm ●最低地上高 130mm ●車両重量 175kg ●エンジン 種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 399cm3 ●最高出力 18kW(24PS)/6,500r/min ●最大トルク 28N・m(2.9kgf・m)/3,000r/min ●始動方式 キック式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式5速/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 12L(無鉛レギュラーガソリン指定)●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)90/100-18M/C 54S(チューブタイプ)/110/90-18M/C 61S(チューブタイプ)●ヘッドランプバルブ種類/ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1 ●乗車定員 2名
▲SR400
ヤマハブラック(ブラック)
▲SR400
グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)
▲SR400 40th Anniversary Edition
ベリーダークオレンジメタリック1(ブラウン) 500台限定
【2018-08-28】排出ガス規制に適合、気軽に乗りこなせる扱いやすさを維持して復活 フリーライドプレイバイク 「TRICKER」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、2017年に生産を終了した、乗り方のスタイルを選ばない“フリーライドプレイバイク”「tricker (トリッカー) XG250」を、排出ガス規制に適合させ9月20日より発売します。
 「tricker XG250」は、「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合させながら、コンパクトな車体サイズ、軽快な走行性、個性的なスタイルを継承し、気軽に乗りこなせる扱いやすさを維持しました。
新たな特徴は、1)優れた環境性能と燃費性を実現する02フィードバック制御のFI、2)蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスター などです。
カラーリングは、トリッカーの代名詞ともいえるオレンジのタンクにホワイトのタンクカバーを組み合わせた「ディープオレンジメタリック7(オレンジ)」と、マットブラックのタンクとフレームにマットチタンのタンクカバーを組み合わせ、シンプルながらもストリートイメージを強調した「マットブラック2(マットブラック)」を従来モデルと同様に設定しました。

>>> tricker XG250 製品情報はこちら

発売日:2018年9月20日
カラーリング ■ディープオレンジメタリック7(オレンジ)■マットブラック2(マットブラック)
メーカー希望小売価格 467,640円(本体価格433,000円/消費税34,640円)

tricker XG250 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 1,980mm×800mm×1,145mm ●シート高 810mm ●軸間距離 1,330mm ●最低地上高 280mm ●車両重量 127kg ●エンジン 種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 249cm3 ●最高出力 14kW(20PS)/7,500r/min ●最大トルク 20N・m(2.1kgf・m)/6,000r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式5速/リターン式5速/リターン式/リターン式5速 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 7.0L (無鉛レギュラーガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)80/100-19M/C 49P/120/90-16M/C 63P (前後チューブタイプ)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
▲ディープオレンジメタリック7(オレンジ)
▲マットブラック2(マットブラック)
【2018-07-25】マウンテントレール 「SEROW250」を発売 排出ガス規制に適合、従来からの個性を継承し復活

ヤマハ発動機株式会社は、2017年に生産を終了した“マウンテントレール”「SEROW250」を、排出ガス規制に適合させ8月31日より発売します。
 「SEROW250」は、「第3次排出ガス規制 ※」に適合させながらも、自然を楽しむ優れたトレッキング性と扱いやすい走行性といった従来からの特徴を継承しました。
 新たな特徴は、1)優れた環境性能と燃費性を実現するO2フィードバック制御のFI、2)蒸発ガソリンの外気への排出を低減するキャニスター、3)新設計のロングタイプのリアフェンダー、4)点灯面積が広く優れた被視認性を備えたLEDテールランプ、などです。
 カラーリングは、「ホワイト/グリーン」「ホワイト/オレンジ」「ホワイト/ブルー」の3色設定です。初代から続くSEROWらしい定番カラー「ホワイト/グリーン」、アウトドアギアを連想し、カジュアル感を持ち合わせたオン/オフ両用カラー「ホワイト/オレンジ」は従来モデルをベースにカラーとグラフィックをアップデートしました。「ホワイト/ブルー」は街乗り時でも映える、さわやかで清涼感あふれるカラーです。
※二輪車平成28年排出ガス規制

>>> セロー250 製品情報はこちら

発売日:2018年8月31日
カラーリング ■パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)■パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)■パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/ブルー)
メーカー希望小売価格 564,840円(本体価格523,000円/消費税41,840円)

セロー250 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,100mm/805mm/1,160mm ●シート高 830mm ●軸間距離 1,360mm ●最低地上高 285mm ●車両重量 133kg ●エンジン 種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 249cm3 ●最高出力 14kW(20PS)/7,500r/min ●最大トルク 20N・m(2.1kgf・m)/6,000r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式5速/リターン式/リターン式6速 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 9.3L(無鉛レギュラーガソリン指定)●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)2.75-21 45P(チューブタイプ)/120/80-18M/C 62P(チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
▲パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)
▲パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ) ▲パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/ブルー)

TOURING SEROW
SEROW250に優れた積載性と機能性を高める装備をプラスしたアクセサリーパッケージ

>>> TOURING SEROW 製品情報はこちら

発売日:2018年9月13日
カラーリング ■パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/グリーン)■パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/オレンジ)■パープリッシュホワイトソリッド1(ホワイト/ブルー)
販売会社希望小売価格 619,920円(本体価格574,000円/消費税45,920円)


TOURING SEROWは、
SEROW250(基本車)メーカー希望小売価格 564,840円[消費税8%含む](本体価格 523,000円)に、
TOURING SEROWアクセサリーセット 販売会社希望小売価格 87,156円[消費税8%含む](本体価格 80,700円)を装着したアクセサリーパッケージです。

【2018-03-15】原付一種スクーター「JOG」「JOG Deluxe」をモデルチェンジ 燃費/環境性能に優れたパワフルなエンジンを搭載しスタイリングも一新

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティな外観で人気の原付一種スクーター「JOG」および「JOG Deluxe」のモデルチェンジを行い、4月25日より発売します。
 今回発売の「JOG」「JOG Deluxe」は、燃費/環境性能に優れたパワフルな水冷4ストロークフューエルインジェクション搭載エンジンを採用し走りの基本性能を高めながら、新鮮味溢れるシャープなスタイリングに一新しました。
 主な特徴は、1)よりシャープなフロントパネルと短く切り詰めたリアボディーにより、軽快な走りを表現した新しいスタイリング、2)燃費/環境性能に優れながら、力強い走りを実現する水冷4ストローク49cm3フューエルインジェクション搭載エンジン、3)フロントインナーボックスやシート下トランク(「JOG」約19L、「JOG Deluxe」約20L)、時計付スピードメーターの装備など日常使いでの利便性を向上、4)後輪ブレーキレバーを握ると前輪にもほどよく制動力を配分し、ブレーキングをサポートする“コンビブレーキ”の搭載 などです。
 また、スタンダードモデルの「JOG」では、「JOG Deluxe」より15mm低いシート高(705mm)として足付き性を考慮しました。「JOG Deluxe」は、スタンダードモデル「JOG」をベースに“アイドリングストップ・システム”を搭載し、信号待ちなどの停車時の燃料消費や騒音、排出ガス低減に貢献します。製造は、本田技研工業株式会社が行います。

発売日:2018年4月25日

>>> JOG/JOG Deluxe 製品情報はこちら

JOG カラーリング ■マグナレッド(レッド)■マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)■グラファイトブラック(ブラック)■ロスホワイト(ホワイト)■ボルドーレッドメタリック(ボルドー)
メーカー希望小売価格 167,400円(本体価格155,000円/消費税12,400円)
JOG Deluxe カラーリング ■タスマニアグリーンメタリック(グリーン)■アトモスフィアブルーメタリック(ブルー)
メーカー希望小売価格 180,360円(本体価格167,000円/消費税13,360円)
JOG/JOG Deluxe 主要仕様諸元 ※【 】内は「JOG Deluxe」
●全長×全幅×全高 1,675mm×670mm×1,040mm ●シート高 705mm 【720mm】 ●軸間距離 1,180mm ●最低地上高 105mm ●車両重量 78kg 【79kg】 ●エンジン 種類 水冷, 4ストローク, SOHC, 2バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 49cm3 ●最高出力 3.3kW(4.5PS)/8,000r/min ●最大トルク 4.1N・m(0.42kgf・m)/6,000r/min ●始動方式 セルフ・キック併用式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 4.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)●制動装置 (前/後)機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)80/100-10 46J/80/100-10 46J(前後チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,40/40W×1 製造事業者:本田技研工業株式会社
▲JOG
マグナレッド(レッド)
▲JOG
マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)
▲JOG
グラファイトブラック(ブラック)
▲JOG
ロスホワイト(ホワイト)
▲JOG
ボルドーレッドメタリック(ボルドー)
▲JOG Deluxe
タスマニアグリーンメタリック(グリーン)
▲JOG Deluxe
アトモスフィアブルーメタリック(ブルー)
【2018-03-15】原付一種スクーター「Vino」をモデルチェンジ 新たに“アイドリングストップ・システム”を採用し商品性を向上

ヤマハ発動機株式会社は、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「Vino」のモデルチェンジを行い、5月25日より発売します。
 今回発売の「Vino」は、新たに“アイドリングストップ・システム”や“コンビブレーキ”を採用し商品性を向上させながら、より大人でモダンな印象を感じるデザインに進化しました。
 主な特徴は、1)信号待ちなどの停車時の燃料消費や騒音、排出ガス低減に貢献する“アイドリングストップ・システム”の搭載、2)後輪ブレーキレバーを握ると前輪にもほどよく制動力を配分し、ブレーキングをサポートする“コンビブレーキ”の搭載、3)燃費/環境性能に優れながら、力強い走りを実現する水冷4ストローク49cm3フューエルインジェクション搭載エンジン、4)容量約20Lのシート下トランクやフロントインナーボックス、グローブボックスなど充実した収納スペース、5)時計機能付スピードメーター、充電などに便利なアクセサリーソケットの装備など日常使いでの利便性の向上、6)楕円をモチーフとし伸びやかに進化したフォルムと、細部にまでこだわったカラーリング などです。製造は、本田技研工業株式会社が行います。

発売日:2018年5月25日

>>> Vino 製品情報はこちら

Vino カラーリング ■マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)■ハーベストベージュ(ベージュ)■バイブラントオレンジ(オレンジ)■カモフラージュグリーン(グリーン)■グラファイトブラック(ブラック)■パールアンブラウン(ブラウン)
メーカー希望小売価格 199,800円(本体価格185,000円/消費税14,800円)

Vino 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 1,650mm×670mm×1,015mm ●シート高 720mm ●軸間距離 1,180mm ●最低地上高 105mm ●車両重量 81kg ●エンジン 種類 水冷, 4ストローク, SOHC, 2バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 49cm3 ●最高出力 3.3kW(4.5PS)/8,000r/min ●最大トルク 4.1N・m(0.42kgf・m)/6,000r/min ●始動方式 セルフ・キック併用式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 4.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)●制動装置 (前/後)機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)80/100-10 46J/80/100-10 46J(前後チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,35/35W×1 製造事業者:本田技研工業株式会社
▲マットアルタイルシルバーメタリック(マットシルバー)
▲ハーベストベージュ(ベージュ) ▲バイブラントオレンジ(オレンジ) ▲カモフラージュグリーン(グリーン)
▲グラファイトブラック(ブラック)
▲パールアンブラウン(ブラウン)
【2018-03-13】スポーツツーリング「TRACER900 ABS」2018年モデルを発売 上級仕様の「TRACER900 GT ABS」も追加設定

ヤマハ発動機株式会社は、水冷直列3気筒845cm3エンジンを搭載したスポーツツーリングモデル「MT-09 TRACER ABS」をマイナーチェンジし、4月20日より「TRACER900 ABS」を発売します。また、上級バリエーションとして走行性能や装備充実を図った「TRACER900 GT ABS」を追加設定し、6月15日より発売します。
 マイナーチェンジを行った「TRACER900 ABS」は、“Two Sides of the Same Coin: Sports and Travel”を開発コンセプトに、高いスポーツ性はそのままに、より快適な乗り心地とツーリング機能の強化を行いました。主な特徴は、1)形状変更/表面積の拡大により、高速走行などでライダーへの風の影響を抑える新型フロントスクリーンの装備、2)機敏な走行を支える新設計ハンドルバー/ブラッシュガードの装備、3)ツーリングモデルならではの快適性に貢献する新しい前後シートの設定、4)サイドケースの装着に配慮しながら、サイドカバー形状と調和したサイドケース用マウントの設定、5)60mm延長により、高速走行時、旋回時の優れたトラクションを支える新設計の高剛性リアアームの設定、6)優れた整流効果など快適なツーリング性能を生み出しながら、質感を高めた新しいスタイリング などです。
 上級バリエーション「TRACER900 GT ABS」は標準モデルをベースに、1)サスペンション性能の向上および調整範囲を広げるフルアジャスタブルフロントフォークの搭載、2)ライダーの好みに合わせてプリロード調整可能なリモート操作機構採用のリアサスペンションの搭載、3)様々な情報を表示するフルカラーTFT液晶マルチファンクションディスプレイの採用、4)長距離走行の疲労を軽減し快適なライディングを支援するクルーズコントロールシステムの採用、5)グリップウォーマーの搭載 などにより、スポーツツーリング性能の充実を図りました。

>>> TRACER900 ABS/TRACER900 GT ABS 製品情報はこちら

TRACER900 ABS 発売日:2018年4月20日
カラーリング ■マットダークグレーメタリック6 (マットダークグレー)■ブルーイッシュグレーソリッド4 (グレー)
メーカー希望小売価格 1,112,400円(本体価格1,030,000円/消費税82,400円)
TRACER900 GT ABS 発売日:2018年6月15日
カラーリング ■ブラックメタリックX (ブラック)■ブルーイッシュグレーソリッド4 (グレー)■マットダークパープリッシュブルーメタリック1 (マットダークブルー)
メーカー希望小売価格 1,198,800円(本体価格1,110,000円/消費税88,800円)
TRACER900 ABS/TRACER900 GT ABS 主要仕様諸元※【 】内はTRACER900 GT ABS
●全長×全幅×全高 2,160mm×850mm×1,375mm ●シート高 850mm ●軸間距離 1,500mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 214kg【215kg】 ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列3気筒 ●総排気量 845cm3 ●最高出力 85kW(116PS)/10,000r/min ●最大トルク 87N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式6速 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 18L(無鉛プレミアムガソリン指定)●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)120/70ZR17 M/C(58W)/180/55ZR17 M/C(73W)(前後チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED
▲TRACER900 ABS
マットダークグレーメタリック6 (マットダークグレー)
▲TRACER900 ABS
ブルーイッシュグレーソリッド4 (グレー)
▲TRACER900 GT ABS
ブラックメタリックX (ブラック)
▲TRACER900 GT ABS
ブルーイッシュグレーソリッド4 (グレー)
▲TRACER900 GT ABS
マットダークパープリッシュブルーメタリック1 (マットダークブルー)
【2018-03-09】走行性能に磨きをかけ、より“MTシリーズ”らしいスタイリングへ進化 ロードスポーツ「MT-07 ABS」 2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・4ストローク・直列2気筒DOHC・688cm3・270 度クランクエンジンを搭載し、独創的なスタイルで人気の「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし、4月10日より発売します。
 今回のマイナーチェンジは、“よりMTシリーズらしい進化”をコンセプトに開発しました。“MTシリーズ”のDNAをキープしながら、ライダーの操作に対し優れたパフォーマンスを発揮する走行性能にさらに磨きをかけ、より“MTシリーズ”らしいスタイリングへの進化を行いました。主な特徴は、1)バネ定数と減衰力のバランス調整を図り、ライダーの操作に対して、よりリニアに反応する前後サスペンションの装備、2)ライディングポジションの自由度を高め、長時間乗車時の疲労を低減する新設計シートの採用、3)吸排気の流れや“塊感”を強調し、より力強さを感じさせるスタイリング などです。

発売日:2018年4月10日

>>> MT-09 ABS/MT-09 SP ABS 製品情報はこちら

MT-07 ABS カラーリング ■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)■マットグレーメタリック3(マットグレー)■マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
メーカー希望小売価格 777,600円(本体価格 720,000円/消費税57,600円)

MT-07 ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,085mm×745mm×1,090 mm ●シート高 805mm ●軸間距離 1,400mm ●最低地上高 140mm ●車両重量 183kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列2気筒 ●総排気量 688cm3 ●最高出力 54kW (73PS) /9,000 r/min ●最大トルク 68N・m (6.9kgf・m) /6,500 r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式6速 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定)●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)120/70 ZR 17M/C(58W)/180/55 ZR 17M/C(73W)(前後チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,60/55W×1
▲ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
▲マットグレーメタリック3(マットグレー) ▲マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
【2018-02-27】高性能サスペンションなどを採用した上級仕様「MT-09 SP」を設定 ロードスポーツ「MT-09」シリーズ 2018年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、ネイキッドとスーパーモタードの“異種混合”スタイルに水冷直列3気筒845cm3エンジンを搭載し、優れた走行性能で人気の「MT-09 ABS」の上級仕様として「MT-09 SP ABS」を設定し、3月20日より発売します。また、スタンダードモデル「MT-09 ABS」のカラーリングを変更し、同日より発売します。
 「MT-09 SP ABS」は、スタンダードモデルをベースに高い次元の走りと、クラスを超えた質感を実現しました。主な特徴は、1)スーパースポーツモデル並みの減衰力を発生するスペシャル仕様のKYB製フロントサスペンションの装備、2)フロントとリアのバランスを取りながら、バネレート/減衰力を最適化したOHLINS製フルアジャスタブルリアサスペンションの装備、3)質感を感じるダブルステッチ入りシートの採用、4)引き締まった印象を与えるブラックバックのデジタルメーターの採用、5)塗り分け塗装などにより、上位モデル「MT-10 SP ABS」とリレーションすることで上級仕様としての存在感を強調したカラーリングの採用 などです。

発売日:2018年3月20日

>>> MT-09 ABS/MT-09 SP ABS 製品情報はこちら

MT-09 ABS カラーリング ■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ニューカラー/ブルー)■マットグレーメタリック3(ニューカラー/マットグレー)■マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
メーカー希望小売価格 1,004,400円(本体価格930,000円/消費税74,400円)

MT-09 SP ABS カラーリング ■ブラックメタリックX(ブラック)
メーカー希望小売価格 1,112,400円(本体価格1,030,000円/消費税82,400円)
MT-09 ABS/MT-09 SP ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,075mm×815mm×1,120mm ●シート高 820mm ●軸間距離 1,440mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 193kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列3気筒 ●総排気量 845cm3 ●最高出力 85kW(116PS)/10,000r/min ●最大トルク 87N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式6速 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 14L(無鉛プレミアムガソリン指定)●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)120/70 ZR17 M/C (58W)/180/55 ZR17 M/C (73W)(前後チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED
▲MT-09 SP ABS
ブラックメタリックX(ブラック)
▲MT-09 ABS
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ニューカラー/ブルー)
▲MT-09 ABS
マットグレーメタリック3(ニューカラー/マットグレー)
▲MT-09 ABS
マットダークグレーメタリック6(マットダークグレー)
【2017-11-08】2018年モデル「YZF-R3 ABS」「YZF-R25/ABS」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒320cm3エンジンを搭載する「YZF-R3 ABS」および、水冷・直列2気筒249cm3エンジンを搭載する「YZF-R25 ABS」「YZF-R25」のカラーリングとグラフィックを変更し、2018年モデルとして2018年1月20日より発売します。
 「YZF-R3 ABS」「YZF-R25 ABS」「YZF-R25」は、高次元な走行性能とスタイルを具現化し、同時に日常での扱いやすさを両立した人気のモデルです。2018年モデルは、それぞれ3色設定としました。ヤマハの持つスーパースポーツカテゴリーのフラッグシップモデル「YZF-R1」とのリレーションを行いスポーティなイメージをより強調した「ディープパープリッシュブルーメタリックC」、ブラックをベースにアクセントカラーを差し込み、洗練された中にも若さを表現した「ブラックメタリックX」、ホワイトをベースにイエローホイールなどのアクセントカラーにより軽量感漂う「ホワイトメタリック6」の3色です。製造は当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。

発売日:2018年1月20日

>>> YZF-R3 ABS、YZF-R25 ABS、YZF-R25 製品情報はこちら 

YZF-R3 ABS カラーリング ■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)■ブラックメタリックX(ブラック)■ホワイトメタリック6(ホワイト)
メーカー希望小売価格 642,600円(本体価格595,000円/消費税47,600円)
YZF-R25 ABS カラーリング ■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)■ブラックメタリックX(ブラック)■ホワイトメタリック6(ホワイト)
メーカー希望小売価格 610,200円(本体価格565,000円/消費税45,200円)
YZF-R25 カラーリング ■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)■ブラックメタリックX(ブラック)■ホワイトメタリック6(ホワイト)
メーカー希望小売価格 567,000円(本体価格525,000円/消費税42,000円)
▲YZF-R3 ABS
ディープパープリッシュブルー
メタリックC(ブルー)
▲YZF-R3 ABS
ブラックメタリックX(ブラック)
▲YZF-R3 ABS
ホワイトメタリック6(ホワイト)
【2017-10-25】249cm3“BLUE COREエンジン”搭載 新型スクーター「XMAX ABS」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、“MAXシリーズ”のDNAを継承するスタイリングに新型水冷・4ストローク・249cm3 “BLUE COREエンジン※ ”を搭載したスクーターの新製品「XMAX ABS」を2018年1月25日に発売します。
 「XMAX ABS」は“MAXimize, commuting FUNction”をコンセプトに開発しました。時代感と所有感を満たす上質なスタイリングや機敏で軽快な走行性能を持ちながら、快適・実用機能をバランスさせています。主な特徴は、1)“MAXシリーズ”のDNAを継承しながら「XMAX」独自の進化を遂げるパフォーマンスとコンフォートを両立させたスタイリング、2)加速性能と環境性能を併せもった新設計“BLUE COREエンジン”、3)軽量ボディを支える新設計フレームとモーターサイクルタイプのフロントフォークなどによる機敏な走行性能、4)TCS(トラクション・コントロール・システム)など快適な運転をサポートする様々な機能、5)余裕の45Lシート下トランクなど充実した実用機能などです。製造はインドネシアのグループ会社YIMM(PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing)が行います。
※BLUE COREエンジン・・・“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想

発売日:2018年1月25日

>>> XMAX ABS 製品情報はこちら >>> XMAX デビューキャンペーン

XMAX ABS カラーリング ■イエローメタリック6(イエロー)■ホワイトメタリック6(ホワイト)■マットグレーメタリック3(マットグレー)
メーカー希望小売価格 642,600円(本体価格595,000円/消費税47,600円)

XMAX ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,185mm×775mm×1,415mm ●シート高 795mm ●軸間距離 1,540mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 179kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 249cm3 ●最高出力 17kW(23PS)/7,000r/min ●最大トルク 24N・m(2.4kgf・m)/5,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定)●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)120/70-15 M/C 56P/140/70-14 M/C 62P (前後チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED
▲イエローメタリック6(イエロー)
▲ホワイトメタリック6(ホワイト) ▲マットグレーメタリック3(マットグレー)
【2017-10-25】155cm3スクーター「マジェスティ S XC155」2018年モデル発売 LEDヘッドランプ、DC電源ジャックなど装備を充実

ヤマハ発動機株式会社は、155cm3水冷・4ストロークエンジン搭載のスクーター「マジェスティ S XC155」のフロントフェイスを一新、装備を充実、カラーリング変更を行った2018年モデルを2018年1月25日に発売します。お詫び:諸般の事情により、発売日が変更となりました。2018年2月26日発売変更となりました。
 「マジェスティ S XC155」は、高い走行性能と利便性、都市部でも扱いやすいコンパクトなサイズが幅広いお客さまから支持されています。2018年モデルの主な変更点は、1)LEDヘッドランプおよびLED導光ポジションランプ採用により精悍なフロントフェイスへデザインを一新、2)フロントポケットへの12V DC電源ジャックの採用などです。カラーリングでは、スポーティなツートーンカラー2色を含む4色を設定しました。なお本製品の製造は、ヤマハモーター台湾で行います。

発売日:2018年1月25日
お詫び:諸般の事情により、発売日が変更となりました。2018年2月26日発売変更となりました。

>>> マジェスティ S XC155 製品情報はこちら 

マジェスティ S XC155 カラーリング ■シルキーホワイト(ホワイト)■マットダークブルーイッシュグレーメタリック3(マットダークグレー)■ブラックメタリックX(ブラック)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
メーカー希望小売価格 372,600円(本体価格345,000円、消費税27,600円)

マジェスティ S XC155 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,030mm ×715mm×1,115mm ●シート高 795mm ●軸間距離 1,405mm ●最低地上高 90mm ●車両重量 145kg ●エンジン 種類 水冷,4ストローク,SOHC,4バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 155cm3 ●最高出力 11kW(15PS)/7,500r/min ●最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,000r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 7.4L(無鉛レギュラーガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスク/油圧式シングルディスク ●タイヤサイズ (前/後)120/70-13 M/C 53P/130/70-13 M/C 57P(前後チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×10(LED module×4)
▲シルキーホワイト(ホワイト)
▲マットダークブルーイッシュグレー
メタリック3(マットダークグレー)
▲ブラックメタリックX(ブラック) ▲ディープパープリッシュブルー
メタリックC(ブルー)
【2017-10-04】“Neo Retro”ロードスポーツ「XSR700 ABS」を新発売 “オーセンティック”なスタイリングに688cm3水冷2気筒エンジンを搭載

ヤマハ発動機株式会社は、“オーセンティック”なスタイリングに水冷・4 ストローク・直列2 気筒DOHC・688cm3・270 度クランクエンジンを搭載し、欧州でも人気のロードスポーツモデル「XSR700ABS」の日本仕様を11月6日より発売します。
 「XSR700 ABS」は“Urban Casual Retro-ster”をコンセプトに開発しました。「MT-07」をベースモデルとしながらも、オーセンティックな外観、街中もリラックス&カジュアルに楽しめる性能、カスタマイズの可能性を想起させるボディ構成を調和させたモデルです。
 主な特徴は、1)ホリゾンタルスタイルを踏襲したボディライン、2)タンクサイドカバーやフロントフェンダーステーなどへのアルミパーツの織り込み、3)水冷2 気筒688cm3“クロスプレーン・コンセプト※”エンジンの搭載、4)カジュアル&スポーティな走りを支えるディメンション、5)カスタマイズを想起させる独立した構成のパーツ類などです。カラーリングは、ガレージビルド感を表現する「マットグレーメタリック3」と、ヘリテージ゙モデルをリスペクトする「ダルレッドメタリックD」の2 色設定です。
※クロスプレーン・コンセプト:<ライダーのスロットル操作に対しリニアなトルクを創出すること>を求める設計思想。

発売日:2017年11月6日

>>> XSR700 ABS 製品情報はこちら 

XSR700 ABS カラーリング ■ブラックメタリックX (ブラック)■ダルレッドメタリックD (レッド)
メーカー希望小売価格 961,200円(本体価格 890,000円/消費税 71,200円)
XSR700 ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,075mm/820mm/1,130mm ●シート高 835mm ●軸間距離 1,405mm ●最低地上高 140mm ●車両重量 186kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列2気筒 ●総排気量 688cm3 ●最高出力 54kW(73PS)/9,000r/min ●最大トルク 68N・m(6.9kgf・m)/6,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)120/70R17M/C (58V)(チューブレス)/ 180/55R17M/C (73V)(チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
▲マットグレーメタリック3(マットグレー)
▲ダルレッドメタリックD(レッド)
【2017-07-20】「シグナスX XC125SR」の新色を発売 スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター 新排出ガス規制にも適合

ヤマハ発動機株式会社は、スポーティな走りとスタイルで人気の原付二種スクーター「シグナスX XC125SR」のカラーリングを変更、平成28年度国内排出ガス規制へ適合し、8月21日より発売します。
 「シグナスX XC125SR」は、“ダイナミック・シグナスX”のコンセプトを具現化、実用域のトルク特性と加速感、燃費に優れたCVTエンジンを搭載、ボディの随所に軽量化技術を織り込み118kgの軽量ボディを実現したモデルで、カラーは4色展開です。
 “ホワイト”と“ガンメタ”は、“Urban Sporty”をコンセプトに、実用性を重視した正統派スタイルの方に向け、落ち着きがありながらも都会的でクールな印象を与えるカラーリングとしています。“ブルー/マットシルバー”と“イエロー/マットシルバー”は、“Show Off Sporty”をコンセプトに、実用使いはもちろんのこと趣味でも二輪車を楽しむ方に向け、ベースカラーのマットシルバーに、目を惹くアクセントカラーを取り入れることでスポーティな印象を与えるカラーリングとしています。
 なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行います。

発売日:2017年8月21日

>>> シグナスX SR 製品情報はこちら 

シグナスX SR カラーリング ■ラジカルホワイト(ホワイト)■ミッドナイトシルバー(ガンメタ)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/マットシルバー)■カームイエロー(イエロー/マットシルバー)
メーカー希望小売価格 318,600円(本体価格 295,000円/消費税 23,600円)

▲ラジカルホワイト(ホワイト)
▲ミッドナイトシルバー(ガンメタ) ▲ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー/マットシルバー) ▲カームイエロー(イエロー/マットシルバー)
【2017-07-20】原付二種スクーター「NMAX ABS」の新色を発売 新排出ガス規制へ適合した124cm3“BLUE CORE”エンジン搭載

ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させた124cm3“BLUE CORE※”エンジンを搭載する原付二種スクーター「NMAX ABS」のカラーリングを変更、平成28年度国内排出ガス規制へ適合し、8月21日より発売します。
 「NMAX」は、“Global Prestige City Commuter”をコンセプトに、欧州や日本で人気の「TMAX」、および欧州向け「XMAX」などMAXシリーズのスタイルと走りの良さを原付二種(125ccクラス)に展開したモデルです。カラーは3色設定で、ABS標準装備です。
従来から設定のある“ブラック”は、ホイールカラーもブラックに統一、サイドカバーのカラーを質感の異なるマットグレイとすることで、アイコンとなるサイドカバーの造形をより強調させました。新規設定となる“マットレッド”は、「NMAX155」で人気のカラーリングを採用、上質な印象を持たせました。人気の“ホワイト”は継続設定します。
製造は、当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。

発売日:2017年8月21日

>>> NMAX ABS 製品情報はこちら 

NMAX ABS カラーリング ■マットディープレッドメタリック3(マットレッド)■ブラックメタリックX(ブラック)■ホワイトメタリック6(ホワイト)
メーカー希望小売価格 351,000円(本体価格 325,000円/消費税 26,000円)

▲マットディープレッドメタリック3(マットレッド)
▲ブラックメタリックX(ブラック) ▲ホワイトメタリック6(ホワイト)
【2017-04-07】"スクランブラー"スタイルをまとった941cm3空冷Vツインエンジン搭載のスポーツモデル 日常を冒険に変える「SCR950 ABS」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、人気の"スクランブラー"スタイルに941cm3空冷Vツインエンジンを搭載したスポーツモデル「SCR950 ABS」を5月25日より発売します。
 「SCR950 ABS」は、"Tough Explorer"をコンセプトに、鼓動感のあるVツインエンジンの搭載、自由度の高いライディングポジションの採用、1960年代のオンロード・オフロードを走行する"スクランブラー"を思わせるスタイリングを再現したモデルとして開発しました。
 主な特徴は、1) 幅の広いハンドル、ゼッケン風サイドカバー、前後スポークホイールの採用やヴィンテージ感を漂わせたカラー&グラフィックなどによる"スクランブラー"を感じさせるスタイリング、2) 優れたトルク、出力特性を発揮し心地よい鼓動感をライダーに伝える941cm3空冷4ストロークVツインFIエンジン、3) ロング&フラットなシートの採用、ハンドル位置、フットレスト位置などによる自由度の高いアップライトなライディングポジションなどです。
 コンセプトを具現化するため、「BOLT」系をベースとしながらも、ライディングポジションの変更、新設計のリアフレームの採用、リヤタイヤの17インチ化など新フィーチャーを織り込みバランスを整えました。

発売日:2017年5月25日

>>> SCR950 ABS 製品情報はこちら 

SCR950 ABS カラーリング ■ビビッドレッドカクテル1(レッド)■ダークブルーイッシュグレーメタリック8(グレー)
メーカー希望小売価格 1,060,560円(本体価格 982,000円/消費税 78,560円)
SCR950 ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,255mm/895mm/1,170mm ●シート高 830mm ●軸間距離 1,575mm ●最低地上高 145mm ●車両重量 252kg ●エンジン 種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ ●気筒数・配列 V型2気筒 ●総排気量 941cm3 ●最高出力 40kW(54PS)/5,500r/min ●最大トルク 80N・m(8.2kgf・m)/3,000r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)100/90-19M/C 57H(チューブタイプ)/ 140/80R17M/C 69H(チューブタイプ)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
▲ビビッドレッドカクテル1(レッド)
▲ダークブルーイッシュグレーメタリック8(グレー)
【2017-04-07】941cm3空冷Vツインエンジンを搭載するクルーザーモデル「BOLT ABS」および「BOLT Rスペック ABS」の2017年モデル

ヤマハ発動機株式会社は、941cm3空冷Vツインエンジンを搭載するクルーザーモデル「BOLT ABS」および「BOLT Rスペック ABS」の2017年モデルを5月25日より発売します。
 「BOLT」は、"Ultimate Purely Bobber"をデザインコンセプトに、外装をシンプルに仕上げるカスタムトレンドのひとつである"ボバースタイル”を再現したモデルとして人気となっております。
 2017年「BOLT ABS」「BOLT Rスペック ABS」共通の特徴は、1)カラーリングの変更、2)溶接後の処理が目立たないフランジレス燃料タンク(容量1L増加の13L)の採用です。
 「BOLT ABS」では、ブラックの基本色にシンプルなグラフィックを配しながら、スポークホイールを新採用してカスタムのベースモデルとなるイメージを強調しています。リザーバータンク付きリアサスペンション、バックスキン調シートなどを装備する上級モデル「BOLT Rスペック ABS」では、クルーザーらしい前に突き進むイメージを思わせる水平基調のグラフィックを採用したレッド、大胆なループ形状のグラフィックを採用したグレーの2色を設定しています。

発売日:2017年5月25日

>>> BOLT ABS/BOLT Rスペック ABS 製品情報はこちら 

BOLT ABS カラーリング ■ブラックメタリックX (ブラック)
メーカー希望小売価格 961,200円(本体価格 890,000円/消費税 71,200円)
BOLT Rスペック ABS カラーリング ■ダルレッドカクテルB (レッド)■ライトグレーメタリックB (グレー)
メーカー希望小売価格 1,006,560円(本体価格 932,000円/消費税 74,560円)
▲BOLT ABS
ブラックメタリックX (ブラック)
▲BOLT Rスペック ABS
ダルレッドカクテルB (レッド)
▲BOLT Rスペック ABS
ライトグレーメタリックB (グレー)
【2017-03-10】ダイレクトな駆動力を得られるクロスプレーン型クランクシャフト採用のスポーツモデル MTシリーズの最高峰「MT-10」「MT-10SP」を発売

ヤマハ発動機株式会社は、クロスプレーン型クランクシャフトを備えた997cm3水冷・直列4気筒エンジンを搭載したスポーツモデル「MT-10」および上級モデルの「MT-10SP」を5月16日から発売します。
 「MT-10」は、MTシリーズの最高峰モデルとして"Ultimate Synchronized perfomance bike"をコンセプトに開発、"意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能"と"多用途で楽しめる機能"を集約させたモデルとなっています。
 主な特徴は、1) クロスプレーン型クランクシャフト採用によりスロットル操作に対してダイレクトな駆動力が感じられる水冷直列4気筒997cm3エンジンの搭載、2) アルミ製デルタボックスフレームや1,400mmのショートホイールベースの採用などによる1,000ccクラスと思わせない軽快な走行性能、3) クルーズコントロールシステム、D-MODE※1、TCS※2、QSS※3などの電子制御システムによる充実した機能、4) 力強いエンジンの存在感とパワーフローを強調したサイドビューなどMTシリーズ最高峰モデルにふさわしいスタイリングなどです。
 上級モデルの「MT-10SP」には、OHLINS製電子制御サスペンション、フルカラーTFT液晶メーターなどを装備。カラーリングでは「YZF-R1M」とリレーションした「MT-10SP」専用カラーも設定しました。
※1 D-MODE: 電子制御により、3つの走行モードが選択可能な走行モード切替システム
※2 TCS: トラクション・コントロール・システム
※3 QSS: クイック・シフト・システム

発売日:2017年5月16日

>>> MT-10SP ABS/MT-10 ABS 製品情報はこちら 

MT-10SP ABS カラーリング ■ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー)
メーカー希望小売価格 1,998,000円(本体価格1,850,000円/消費税148,000円)
MT-10 ABS カラーリング ■ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)■マットダークグレーメタリック6(マットグレー)
メーカー希望小売価格 1,674,000円(本体価格1,550,000円/消費税124,000円)
MT-10SP ABS/MT-10 ABS 主要仕様諸元〈 〉内はMT-10SP
●全長×全幅×全高 2,095mm/800mm/1,110mm ●シート高 825mm ●軸間距離 1,400mm ●最低地上高 130mm ●車両重量 210kg〈212kg〉 ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列4気筒 ●総排気量 997cm3 ●最高出力 118kW(160PS)/11,500r/min ●最大トルク 111N・m(11.3kgf・m)/9,000r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 17L(無鉛プレミアムガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 190/55ZR17M/C (75W)(チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×2
▲MT-10SP ABS
ブルーイッシュホワイトメタリック2(シルバー)
▲MT-10 ABS
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
▲MT-10 ABS
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
▲MT-10 ABS
マットダークグレーメタリック6(マットグレー)
【2017-03-07】電子制御スロットル、軽量フレームの新採用などで走行性能がさらに進化 スポーツコミューター「TMAX530」2017年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷・直列2気筒530cm3エンジンを搭載するオートマチックスポーツコミューター「TMAX530」をモデルチェンジし、4月7日から発売します。
 2017年モデルは、"Master of Scooter"をコンセプトに開発。当社スクーター初の電子制御スロットルや新設計の軽量アルミフレーム、リンク式リアサスペンションなどの採用で走行性能を高めながら、軽快感とエレガントさを兼ね備えたデザインを採用し所有感を向上させました。主な特徴は、1) 電子制御スロットル「YCC-T」※1およびTCS※2、走行モードを選べるD-MODEなど電子制御技術の採用、2) 新設計アルミフレームなどによる軽量化(「SX」では現行比7kg減)、3) TMAXのDNAを受け継ぎながら、軽快でスポーティなエクステリアとエレガントなインテリアの二面性を備えた新デザインなどです。
 スタンダード仕様の「SX」と、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンの採用など快適装備を充実させた「DX」を設定。いずれもABS標準装備です。
※1 YCC-T:ヤマハ・チップ・コントロールド・スロットル=アクセル操作を検知したECUが最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算、モーター駆動でスロットルバルブを作動させて吸入空気量を制御するシステム
※2 TCS:トラクション・コントロール・システム

発売日:2017年4月7日

>>> TMAX530 DX ABS/TMAX530 SX ABS 製品情報はこちら 

TMAX530 DX ABS カラーリング ■マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)■ダークグレーメタリックS(ダークグレー)
メーカー希望小売価格 1,350,000円(本体価格1,250,000円/消費税100,000円)
TMAX530 SX ABS カラーリング ■マットシルバー1(マットシルバー)■ダークグレーメタリックS(ダークグレー)
メーカー希望小売価格 1,242,000円(本体価格1,150,000円/消費税92,000円)
TMAX530 DX ABS/TMAX530 SX ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,200mm×765mm×1,420※1 ●シート高 800mm ●軸間距離 1,575mm ●最低地上高 125mm ●車両重量 215kg(SX), 218kg(DX) ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列2気筒 ●総排気量 530cm3 ●最高出力 34kW(46PS)/6,750r/min ●最大トルク 53 N・m(5.4 kgf・m) /5,250r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 15L(無鉛プレミアムガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)120/70R15M/C(56H)/160/60R15M/C(67H)(チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×4 ※1:調整式スクリーン最下位置時
▲TMAX530 DX ABS
マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)
▲TMAX530 DX ABS
ダークグレーメタリックS(ダークグレー)
▲TMAX530 SX ABS
マットシルバー1(マットシルバー)
▲TMAX530 SX ABS
ダークグレーメタリックS(ダークグレー)
【2017-03-07】NMAX155ヘルメットワイヤープレゼントキャンペーン

期間中、NMAX155(新車)をご登録・ご成約されたお客様にヘルメットワイヤーをプレゼント!

キャンペーン期間:2017年3月7日(火)~ 終了前に事前告知

【2017-03-07】スタイルと走りの良さで人気のスクーター「NMAX」の155ccモデルが誕生 高速道路も走行可能な「NMAX155」を新発売

ヤマハ発動機株式会社は、"走りの楽しさ"と"燃費・環境性能"を両立させる155cm3"BLUE CORE"エンジンを搭載するスクーターの新製品「NMAX155」を4月25日より発売します。
 所有感を感じるスタイリングや、手軽な車体サイズながらリラックスしたライディングポジションが可能という「NMAX125」の良さはそのままに、高速道路も走行可能な155cm3エンジンを搭載しゆとりある走行性能を実現しました。主な特徴は、1) 高効率燃焼に貢献する可変バルブシステムVVA※1を採用した水冷4 ストロークSOHC・4バルブ155cm3"BLUE CORE"エンジン搭載、2) コンパクトな車体ながらもゆとりあるフットスペースによる余裕のある乗車ポジション、3) MAXシリーズを象徴するブーメランモチーフや精悍な二眼ヘッドライトなどによる躍動感のあるスポーティなスタイリング、4) ホイールロックを抑止するABSの標準装備などです。
 製造は、当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。
※1:VVA:可変バルブシステム(Variable Valve Actuation)

発売日:2017年4月25日

>>> NMAX155 ABS 製品情報はこちら 

NMAX155 ABS カラーリング ■マットディープレッドメタリック3(マットレッド) ■マットグレーメタリック3(マットグレー) ■ホワイトメタリック6(ホワイト)
メーカー希望小売価格 378,000円(本体価格350,000円/消費税28,000円)

NMAX155 ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 1,955mm×740mm×1,115mm ●シート高 765mm ●軸間距離 1,350mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 128kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 155cm3 ●最高出力 11kW(15PS)/8,000r/min ●最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,000r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 6.6L(無鉛レギュラーガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)110/70-13M/C (48P)/130/70-13 M/C (57P)(前後チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED
▲マットディープレッドメタリック3(マットレッド)
▲マットグレーメタリック3(マットグレー) ▲ホワイトメタリック6(ホワイト)
【2017-01-23】精悍なフロントビュー&さらに上質な走行性能 MTシリーズの人気機種「MT-09 ABS」初のマイナーチェンジ

ヤマハ発動機株式会社は、ネイキッドとスーパーモタードの"異種混合"スタイルと優れた走行性で人気の「MT-09 ABS」をマイナーチェンジし、2017年2月15日から発売します。
 「MT-09 ABS」は、現行モデルのさらなる熟成をベクトルに、"Multi performance Neo roadster"をコンセプトに開発、1)レバー操作荷重を低減するA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ、2) 滑らかにシフトアップできるQSS(クイック・シフト・システム)、3) 圧側減衰の調整機能を追加したフロントサスペンション、4) フローティング風懸架のLED4灯ヘッドランプで軽快さを印象づけるフロントビュー、5) “塊感”&“力感”のあるサイドビュー、 6)ショートテールを実現するライセンスプレート懸架を兼ねたアルミ鍛造製ステーの片持ちリアフェンダーなどを新たに採用しました。

発売日:2017年2月15日

>>> MT-09 ABS 製品情報はこちら 

MT-09 ABS カラーリング ■ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)■マットダークグレーメタリック6(マットグレー)
メーカー希望小売価格 1,004,400円(本体価格930,000円/消費税74,400円)

MT-09 ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,075mm×815mm×1,120mm ●シート高 820mm ●軸間距離 1,440mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 193kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列3気筒 ●総排気量 845cm3 ●最高出力 85kW(116PS)/10,000r/min ●最大トルク 87N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 14L(無鉛プレミアムガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後) 120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×2
▲MT-09 ABS
ブルーイッシュグレーソリッド4(グレー)
▲MT-09 ABS
ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)
▲MT-09 ABS
マットダークグレーメタリック6(マットグレー)
【2017-01-23】操作性と走行性の向上でさらに磨かれたマルチパーパス性 「MT-09 TRACER ABS」2017年モデルを発売

ヤマハ発動機株式会社は、845cm3の直列3気筒エンジンを搭載した、さまざまなシーンでスポーティかつ快適な走りを楽しめる「MT-09 TRACER(トレーサー)ABS」の2017年モデルとして、A&S(アシスト&スリッパー)クラッチの搭載や新色を設定し、2017年2月15日より発売します。
 「MT-09 TRACER(トレーサー)ABS」は、穏やかな車体挙動と軽いクラッチ操作荷重を実現するA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを新搭載。さらに、TCS(トラクション・コントロール・システム)を従来の"ON/OFF"選択のみから"1(弱)" "2(強)" "OFF"を選べる2モード選択式を新たに採用し、より滑らかな発進性・走行性でライディングをサポートします。ボディカラーは個性にあわせて選ぶことのできる新色の3パターンを設定しました。

発売日:2017年2月15日

>>> MT-09 TRACER ABS 製品情報はこちら 

MT-09 TRACER ABS カラーリング ■ダークグレーメタリックG(新色/リーフグリーン)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(新色/ブルー)■マットダークグレーメタリック6(新色/マットグレー)
メーカー希望小売価格 1,069,200円(本体価格990,000円/消費税79,200円)

MT-09 TRACER ABS 主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,160mm×950mm×1,345mm ●シート高 845mm(低い位置・出荷時) 860mm(高い位置) ●軸間距離 1,440mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 210kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列3気筒 ●総排気量 845cm3 ●最高出力 85kW(116PS)/10,000r/min ●最大トルク 87N・m(8.9kgf・m)/8,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 18L(無鉛プレミアムガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後) 120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×2
▲MT-09 TRACER ABS
ダークグレーメタリックG(新色/リーフグリーン)
▲MT-09 TRACER ABS
ディープパープリッシュブルーメタリックC(新色/ブルー)
▲MT-09 TRACER ABS
マットダークグレーメタリック6(新色/マットグレー)
【2017-01-23】「MT-07 ABS」 「MT-07」2017年モデルを発売 「MT-07 ABS」に鮮やかなカラーホイールを採用

ヤマハ発動機株式会社は、688cm3の直列2気筒エンジンを搭載し、独創的なスタイルで人気の「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更し、2017年2月15日より発売します。
 「MT-07 ABS」は、ホイールにファッション性を主張するアシッドイエローの「ブルーイッシュグレーソリッド4」(グレー)と、ヤマハのスポーツ性を主張するブルーの「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)をアクセントカラーとして配しています。「MT-07」は、シリアスな印象の「マットダークグレーメタリック6」(マットグレー)に加え、高級感のある「ブルーイッシュホワイトパール1」(ホワイト)を設定し、MTシリーズの都会的で独創的なイメージを一貫して表現しています。
また、マットグレー車には夜間に光を反射する新グラフィックロゴを採用しています。

発売日:2017年2月15日

>>> MT-07 ABS/MT-07 製品情報はこちら 

MT-07 ABS カラーリング ■ブルーイッシュグレーソリッド4(新色/グレー)■ディープパープリッシュブルーメタリックC(新色/ブルー)
メーカー希望小売価格 760,320円(本体価格704,000円/消費税56,320円)


MT-07 カラーリング ■ブルーイッシュホワイトパール1(新色/ホワイト)■マットダークグレーメタリック6(新色/マットグレー)
メーカー希望小売価格 710,640円(本体価格658,000円/消費税52,640円)

MT-07 主要仕様諸元〈 〉内はMT-07 ABS
●全長×全幅×全高 2,085mm×745mm×1,090mm ●シート高 805mm ●軸間距離 1,400mm ●最低地上高 140mm ●車両重量 179kg〈182kg〉 ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列2気筒 ●総排気量 688cm3 ●最高出力 54kW(73PS)/9,000r/min ●最大トルク 68N・m(6.9kgf・m)/6,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定) ●制動装置 (前/後)油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後) 120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/ 180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)●ヘッドランプバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
▲MT-07 ABS
ライトイエローイッシュグレーソリッド4 (新色/ベージュ)
▲MT-07 ABS
グリーニッシュブルーソリッド6 (新色/ブルー)
▲MT-07
マットダークグレーイッシュリーフグリーンメタリック2 (新色/マットグリーン)
▲MT-07
ダークレディッシュグレーメタリック2 (ダークブラウン)
【2016-11-27】高速道路も走行可能 走りのフィールドを広げるLMW第2弾 「TRICITY 155 ABS」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、“BLUE CORE”水冷エンジンを搭載したフロント二輪のLMW※1モデル、「TRICITY(トリシティ) 155 ABS」を2017年1月20日より新発売します。当社の成長戦略のひとつ“広がるモビリティの世界”を推進するLMW(Leaning Multi Wheel)※1の第2弾です。
 「TRICITY 155 ABS」は、“もっと行動範囲を広げ、さらに所有感を満たすNew Standard City Commuter”をコンセプトに開発しました。主な特徴は、1) 高効率燃焼に貢献する可変バルブシステム(VVA)搭載“BLUE CORE”エンジン、2) ヤマハ独自のLMW機構と新設計フレームや足元スペース面積拡大によるゆったりとした乗車ポジション、3) 高級感のあるLEDヘッドランプや余裕の収納スペース、4) ワンタッチ操作のパーキングブレーキなどです。
 なお、生産はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)で行います。
※1 LMW=Leaning Multi Wheel。モーターサイクルのようにリーン(傾斜)して旋回する3輪以上の車両の総称、商標登録第5646157号。

発売日:2017年1月20日

>>> TRICITY 155 ABS製品情報はこちら 

TRICITY 155 ABS カラーリング ■マットブラック2(ブラック)■ホワイトメタリック6(ホワイト)■マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1(ブルー)
メーカー希望小売価格 453,600円(本体価格420,000円/ 消費税 33,600円)

TRICITY 155 ABS主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 1,980mm×750mm×1,210mm ●シート高 780mm ●軸間距離 1,350mm ●最低地上高 165mm ●車両重量 165kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 155cm3 ●最高出力 11kW(15PS)/8,000r/min ●最大トルク 14N・m(1.4kgf・m)/6,000r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 7.2L(無鉛レギュラーガソリン) ●制動装置 (前/後)油圧式ディスクブレーキ/油圧式ディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)90/80-14M/C 43P(チューブレス)/130/70-13M/C 57P (チューブレス) ●ヘッドライトバルブ種類/ヘッドランプ/LED
▲マットブラック2(ブラック)
▲ホワイトメタリック6(ホワイト) ▲マットビビッドパープリッシュブルーメタリック1(ブルー)
【2016-03-18】NMAXヘルメットワイヤープレゼントキャンペーン
期間中、NMAX(新車)をご登録・ご成約されたお客様にヘルメットワイヤーをプレゼント!
キャンペーン期間 2016年3月18日(金)~終了前に事前告知

 

 
【2016-02-23】レトロな外観とパフォーマンスを調和させた“Neo Retro”ロードスポーツ 「XSR900」「XSR900」60th Anniversary 新発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷直列3気筒エンジンをアルミ製フレームに搭載し、“Neo Retro”※1の世界を提唱する新製品「XSR900」および、当社創業60周年記念カラーの「XSR900」60th Anniversaryを2016年4月15日より発売します。「XSR900」60th Anniversaryは、2016年2月23日から2016年9月末日までの受注期間限定モデルで期間内における予約受注分を販売いたします。予約窓口は全国の「ヤマハスポーツバイク取扱店」です。
 「XSR900」は、<“The Performance Retro-ster”>をコンセプトに開発、味わいのあるレトロな外観と先進技術によるパフォーマンスを合わせもつモデルとなっています。現行「MT-09」に搭載の水冷直列3気筒エンジンにTCS(トラクションコントロールシステム)やA&S(アシスト&スリッパー)クラッチなどを装備し、高次元なファン・エキサイトメントの走りを提供します。ボディは、オーセンティックなイメージを強調するCMFG※2デザインを織り込み、多彩な加工法による金属の素材感で表現しました。
 また、ABSを標準装備しています。

発売日:2016年4月15日
>>> XSR900製品情報はこちら  >>> XSR900 60th Anniversary製品情報はこちら 

XSR900 カラーリング ■マットグレーメタリック3(マットグレー)■グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)
メーカー希望小売価格 1,042,200円(本体価格965,000円/消費税77,200円)

XSR900 60th Anniversary カラーリング ■ライトレディッシュイエローソリッド1(イエロー)
メーカー希望小売価格 1,074,600円(本体価格995,000円/消費税79,600円)

XSR900主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 2,075mm/815mm/1,140mm ●シート高 830mm ●軸間距離 1,440mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 195kg ●燃料消費率 *1国土交通省届出値定地燃費値*2 27.3km/L(60km/h) 2名乗車時 WMTCモード値*3 19.4km/L(クラス3, サブクラス3-2) 1名乗車時 ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列3気筒 ●総排気量 845cm3 ●最高出力 81kW(110PS)/9,000r/min ●最大トルク 88N・m(9.0kgf・m)/8,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6速/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 14L(「無鉛プレミアムガソリン」指定) ●制動装置 (前/後) 油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後) 120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)●ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V, 60/55W×1
▲XSR900
マットグレーメタリック3(マットグレー)
▲XSR900
グレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)
▲XSR900 60th Anniversary
ライトレディッシュイエローソリッド1(イエロー)
【2016-01-12】MAXシリーズのスタイルを125ccに展開したグローバル・プレステイジ・シティコミューター“BLUE CORE”エンジン搭載の「NMAX」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、水冷4ストロークSOHC・4バルブ124cm3・FIのBLUE COREエンジンを“MAXシリーズ”のDNAを受け継ぐボディに搭載する新製品「NMAX(エヌマックス)」を2016年3月18日より新発売します。
「NMAX」は、“Global Prestige City Commuter”をコンセプトに、欧州や日本で人気の「TMAX」、および欧州向け「XMAX」など、MAXシリーズのスタイルと走りの良さを原付二種(125ccクラス)に展開したモデルです。国内モデルとして初めて“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化した“BLUE CORE”※エンジンを搭載。またABSも標準装備しています。
 製造は、当社のグループ会社PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行います。
※ヤマハ発動機株式会社は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”の両立を高次元で具現化するエンジン設計思想として、2014年より“BLUE CORE(ブルーコア)” を掲げています。この思想は高効率燃焼、高い冷却性、ロス低減の3点にフォーカスして性能実現を図るもので、「NMAX125」のエンジンもこの“BLUE CORE”思想に基づき開発しました。

発売日:2016年3月18日

>>> NMAX125製品情報はこちら 

NMAX125 カラーリング ■レッドメタリック7(レッド)■ホワイトメタリック6(ホワイト)■マットイエローイッシュグレーメタリック2(マットグレー)■ブラックメタリックX(ブラック)
メーカー希望小売価格 340,200円(本体価格315,000円/消費税25,200円)

NMAX125主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 1,955mm×740mm×1,115mm ●シート高 765mm ●軸間距離 1,350mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 127kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・SOHC・4バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 124cm3 ●最高出力 9.0kW(12PS)/7,500r/min ●最大トルク 12N・m(1.2kgf・m)/7,250r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式無段変速/オートマチック ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 6.6L ●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後)110/70-13M/C 48P/130/70-13 M/C 57P(前後チューブレス)●ヘッドランプ LED/LED
▲レッドメタリック7(レッド)
▲ホワイトメタリック6(ホワイト) ▲マットイエローイッシュグレーメタリック2(マットグレー) ▲ブラックメタリックX(ブラック)
【2015-08-30】軽量コンパクトな車体で人気の“MTシリーズ”の新製品 「MT-03」「MT-25」新発売

ヤマハ発動機株式会社は、軽量コンパクトな水冷・直列2気筒エンジンを搭載する“MTシリーズ”の新製品、「MT-03(エムティ ゼロスリー)」と「MT-25(エムティ ツーファイブ)」を2015年10月10日より発売します。
「MT-03」「MT-25」は<大都会のチーター>をコンセプトに開発し、「MT-09」「MT-07」など“MTシリーズ”共通のシャープで躍動感ある独創的なスタイリングに仕上げました。また、「YZF-R3/R25」をプラットフォームに「MT-03」は320cc、「MT-25」は250ccのエンジンを搭載しました。
製造は、当社のグループ会社PT.Yamaha Indonesia Motor Manufacturing(YIMM)が行います。

発売日:2015年10月10日

>>> MT-03/MT-25製品情報はこちら  >>> MT-03/MT-25スペシャルサイトはこちら

 
MT-03 カラーリング全3色 ■マットシルバー1(マットシルバー)■ブラックメタリックX(ブラック)■レッドメタリック7(レッド)
メーカー希望小売価格 556,200円(本体価格515,000円、消費税41,200円)
MT-25 カラーリング全3色 ■マットシルバー1(マットシルバー)■ブラックメタリックX(ブラック)■レッドメタリック7(レッド)
メーカー希望小売価格 523,800円(本体価格485,000円、消費税38,800円)
「MT03」主要仕様諸元 【 】内は「MT250」
●全長×全幅×全高 2,090mm×745mm×1,035mm ●シート高 780mm ●軸間距離 1,380mm ●最低地上高 160mm ●車両重量 165kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 直列2気筒 ●総排気量 320cm3【249cm3】 ●最高出力 31kW(42PS)/10,750r/min【27kW(36PS)/12,000r/min】 ●最大トルク 30N・m(3.0kgf・m)/9,000r/min【23N・m(2.3kgf・m)/10,000r/min】 ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式6段/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 14L ●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ ●タイヤサイズ (前/後) 110/70-17M/C(54H)/140/70-17M/C(66H)(前後チューブレス)【110/70-17M/C(54S)/140/70-17M/C(66S)(前後チューブレス)】
▲MT-25
マットシルバー1(マットシルバー)
▲MT-25
ブラックメタリックX(ブラック)
▲MT-25
レッドメタリック7(レッド)
【2015-04-09】2015年モデルYZF-R1/YZF-R1Mご予約開始(4月19日まで)
2015年モデルYZF-R1M/YZF-R1ですがフルモデルチェンジとなります。
今回取扱います車両はプレストコーポレーション(正規輸入元)の海外向けモデルでございます。今回のモデルはフルモデルチェンジとあって皆様の関心が強く多くの問い合わせを頂いておりますが、YZF-R1MとYZF-R1共に入荷数に限りがございます。ご購入をご希望のお客様はお早目にご予約下さい。
2015年4月10日より受付開始、2015年4月19日が最終受付となります。
なお、申し訳ございませんが、ご予約いただいていても入荷台数に限りがありますので、配車できない可能性もございますので、ご了承ください。
 
YZF-R1 [5月下旬発売予定] カラーリング全3色 ■ディープパープリッシュブルーメタリックC ■ビビッドレッドカクテル1 ■ブラックメタリックX
メーカー希望小売価格 2,376,000円(本体価格本体価格2,200,000円、消費税176,000円) >>>YZF-R1製品情報へ
「YZF-R1」主要仕様諸元
●車体 全長×全幅×全高 2,055×690×1,150mm ●シート高 855mm ●軸間距離 1,150mm ●装備重量 199kg ●仕向地 カナダ ●エンジン 種類 4ストローク・水冷・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 並列4気筒 ●総排気量 998cm3 ●最高出力 N/A ●最大トルク 112.4N・m (11.5kgf.m) /11,500r/min ●始動方式 セル式 ●変速機形式 リターン式6段 ●気化器 電子制御フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 17リットル ●制動装置 (前) 油圧ダブルディスク(外径320mm)UBS ABS (後) 油圧シングルディスク(外径220mm)UBS ABS ●タイヤサイズ(前) 120/70ZR17M/C(58W) (後) 190/55ZR17M/C(75W) ●イモビライザースイッチ ○ ●ハザードランプ ○ ●スピードメーター km/h
YZF-R1M [5月下旬発売予定] カラーリング全1色 ■ブルーイッシュホワイトメタリック2
メーカー希望小売価格 3,186,000円(本体価格本体価格2,950,000円、消費税236,000円) >>>YZF-R1M製品情報へ
「YZF-R1M」主要仕様諸元
●車体 全長×全幅×全高 2,055×690×1,150mm ●シート高 860mm ●軸間距離 1,150mm ●装備重量 201kg ●仕向地 カナダ ●エンジン 種類 4ストローク・水冷・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 並列4気筒 ●総排気量 998cm3 ●最高出力 N/A ●最大トルク 112.4N・m (11.5kgf.m) /11,500r/min ●始動方式 セル式 ●変速機形式 リターン式6段 ●気化器 電子制御フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 17リットル ●制動装置 (前) 油圧ダブルディスク(外径320mm)UBS ABS (後) 油圧シングルディスク(外径220mm)UBS ABS ●タイヤサイズ(前) 120/70ZR17M/C(58W) (後) 200/55ZR17M/C(78W) ●イモビライザースイッチ ○ ●ハザードランプ ○ ●スピードメーター km/h
▲YZF-R1M
BWM2(ブルーイッシュホワイトメタリック2)
▲YZF-R1
DPBMC(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
▲YZF-R1
VRC1(ビビッドレッドカクテル1)
▲YZF-R1
SMX(ブラックメタリックX)
【2015-03-04】2015年ヤマハ海外向けモデル~欧州生まれのニュージェネレーション。伝統と最新技術の融合から誕生したXJR1300C
1998年に発売され、オーソドックスながら軽快なネイキッドスタイルと空冷4気筒として最大排気量を誇る1,250ccエンジンを搭載し、高い人気を博したXJR1300。 そのXJR1300のニュージェネレーションモデルとして2015年、新たにXJR1300Cが誕生した。スタイリング表現にこだわりを求めるヨーロッパのユーザーの声によって企画された、ヨーロッパの香り漂うスポーツヘリテージモデルである。

発売日:2015年発売時期:調整中

>>>「XJR1300C」製品サイトはこちら

XJR1300C カラーリング全3色 ■ブルーメタリックC ■ブラックメタリックX ■マットグレーメタリック3
メーカー希望小売価格 1,350,000円(本体価格 1,250,000円、消費税100,000円)
▲ブルーメタリックC
▲ブラックメタリックX(ブラック)
▲マットグレーメタリック3
「XJR1300C」主要仕様諸元
●車体 全長×全幅×全高 2,190×820×1,120mm ●シート高 829mm ●軸間距離 1,500mm ●装備重量 240kg ●仕向地 南アフリカ ●エンジン 種類 4ストローク・空冷・DOHC・4バルブ ●気筒数・配列 並列4気筒 ●総排気量 1,251cm3 ●最高出力 71.9kW (98PS) /8,000r/min ●最大トルク 108.4N・m (11.1kgf.m) /6,000r/min ●始動方式 セル式 ●変速機形式 リターン式5段 ●気化器 電子制御フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 14.5リットル ●制動装置 (前) 油圧ダブルディスク(外径298mm) (後) 油圧シングルディスク(外径267mm) ●タイヤサイズ(前) 120/70ZR17M/C(58W) (後) 180/55ZR17M/C(73W) ●イモビライザースイッチ ○ ●ハザードランプ ○ ●スピードメーター アナログ(km/h)
【2015-03-02】YZF-R1、YZF-R1Mの取り扱いを正式に決定
ミラノショーにて発表されました2015年YZF-R1とYZF-R1Mの取り扱いを、正式に決定致しました。発売時期、販売価格及び仕様については以下の通りです。
■年式:2015年
■仕向地:カナダ
■参考小売価格:YZF-R1:2,200,000円(税別) YZF-R1M:2,950,000円(税別)
■発売時期:5月下旬


発売日:2015年5月下旬

>>>YZF-R1 /YZF-R1Mスペシャルサイトがプレオープン!

▲YZF-R1M
BWM2(ブルーイッシュホワイトメタリック2)
▲YZF-R1
DPBMC(ディープパープリッシュブルーメタリックC)
▲YZF-R1
VRC1(ビビッドレッドカクテル1)
▲YZF-R1
SMX(ブラックメタリックX)
【2015-02-18】LMW(リーニング・マルチ・ホイール)の第1弾「TRICITY MW125」にABS標準装備モデルを設定「TRICITY MW125 ABS」新発売
ABS※1(アンチロックブレーキシステム)を標準装備する「TRICITY(トリシティ) MW125 ABS」を2015年4月20日より新発売します。
「TRICITY MW125 ABS」は、2014年9月より発売している当社初の市販マルチホイールモデル「TRICITY MW125」にABSを標準装備したモデルです。
 製造は、当社のグループ会社Thai Yamaha Motor Co., Ltd.(TYM)が行います。※1 フロント2輪とリヤ1輪それぞれにセンサーが取り付けられており、スリップを感知すると独立した3つのブレーキを、それぞれ最適に制御して、車輪のロックを抑制します。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではありません。コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避けてください。


発売日:2015年4月20日

>>>「トリシティ125 ABS」製品サイトはこちら


トリシティ125 ABS カラーリング全3色 ■ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)■マットディープレッドメタリック3(マットレッド)■ブラックメタリックX(ブラック)
メーカー希望小売価格 399,600円(本体価格370,000円、消費税29,600円)
【2015-02-05】スポーティテイストを楽しめるVツインクルーザー 「XVS950CU BOLT-C」「XVS950CU BOLT-C(A)」を新発売
「XVS950CU BOLT(ボルト)」をベースに、よりスポーティな外観を施したバリエーションモデルとして「XVS950CU BOLT-C」およびABS装備の「XVS950CU BOLT-C(A)」を2015年3月10日より新発売します。
「XVS950CU BOLT-C」および「XVS950CU BOLT-C(A)」は、「XVS950CU BOLT」の "プラットフォーム"をベースに、1)よりスポーティな走行が楽しめるライディングポジションへの変更(ハンドルとシート形状、フットレスト位置変更)、2)クラシカルなイメージのフロントフォークブーツ採用、3)メーター及び前フラッシャー位置変更、4)リザーブタンク付リアサスペンション装備(「BOLT-Rスペック」ベースでサスペンション全長変更)などを施し、クラシカルなスポーティイメージを満喫できるモデルです。

発売日:2015年3月10日


>>>「MT-09TRACER ABS」製品サイトはこちら

>>>「MT-09TRACER ABS」スペシャルサイトはこちら
BOLT Cスペック カラーリング全2色 ■マットグレーメタリック3(マットグレー)■ペールブルーメタリックJ(ブルー)
メーカー希望小売価格 977,400円(本体価格905,000円、消費税72,400円)
BOLT Cスペック ABS カラーリング全2色 ■マットグレーメタリック3(マットグレー)■ペールブルーメタリックJ(ブルー)
メーカー希望小売価格 1,028,160円(本体価格952,000円、消費税76,160円)
▲マットグレーメタリック3(マットグレー)
▲ペールブルーメタリックJ(ブルー)
「BOLT Cスペック」主要仕様諸元 【 】内はABS装備車
●全長×全幅×全高 2,295mm×775mm×1,160mm ●シート高 765mm ●軸間距離 1,570mm ●最低地上高 135mm ●車両重量 247kg【251kg】 ●エンジン 種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ ●気筒数・配列 V型2気筒 ●総排気量 941cm3 ●最高出力 38kW(52PS)/5,500 r/min ●最大トルク 80N・m(8.2kgf・m)/3,000 r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 常時噛合式5段/リターン式 ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 12L ●制動装置 (前/後) 油圧式シングルディスク/油圧式シングルディスク ●タイヤサイズ (前/後) 100/90B 19M/C 57H/150/80B16M/C 71H(前後チューブレス)●ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,60/55W×1
【2014-12-04】倒立式フロントフォーク、LEDヘッドライト、スマートキーシステムを新たに採用「TMAX530」シリーズ2015年モデル発売
国内外で高い人気を得ている「TMAX530」シリーズについて、上質感、スポーツ性、使い勝手をさらに向上させた2015年モデルを2015年1月10日より順次発売します。
2015年モデルの「TMAX530」シリーズは、1)精悍なLEDヘッドライトと新形状のフロントカウル、2)スーパースポーツモデルと同様の倒立式フロントフォーク、3)扱いやすいスマートキーシステム及び12VのDCアウトレット等を採用、上質感とスポーツ性を向上させながらコミューターとしての機能充実も図りました。上級機種の「TMAX530 ABS IRON MAX」(アイアン マックス)には、スエード調シート表皮、ピンストライプ入り前後ホイール、クロノウォッチイメージの専用メーター、アルミ製フットプレート等を採用しました。

発売日
「XP500A TMAX(TMAX530 ABS IRON MAX)」:2015年2月10日
「XP500A TMAX(TMAX530 ABS)」:2015年1月10日

XP500A TMAX(TMAX530 ABS IRON MAX)
カラーリング全3色 ■ダークグレーメタリックS(ダークグレー)
メーカー希望小売価格 1,090,800円(本体価格1,010,000円、消費税80,800円)

XP500A TMAX(TMAX530 ABS)
カラーリング全3色 ■マットダークグレーメタリック1(マットグレー)■ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)
メーカー希望小売価格 1,058,400円(本体価格980,000円、消費税78,4000円)

>>>「TMAX530」シリーズ製品情報はこちら
【2014-07-03】第3の移動体。「LMW機構」という、新しいカタチ。TRICITY トリシティ125
ヤマハ発動機株式会社は、当社初の市販マルチホイールモデル、125ccオートマチックコミューター「TRICITY MW125」を2014年9月10日より新発売します。
“ニュースタンダード シティコミューター”のコンセプトのもとLMW※1製品の第1弾として開発、AT二輪車と同様の扱い易い運転操作性を備えた新しいモビリティです。
 主な特徴は、1)軽快でスポーティなハンドリングと安定感の両立による新しい楽しさ、2)さまざまな路面状況で快適な乗り心地、3)シティコミューターとしての高い利便性、4)パワフルで経済的な水冷125ccYMJET-FIエンジン、5)フロント二輪※2の特徴を活かした先進的かつ親しみやすい個性的デザインなどです。


>>トリシティ125製品情報はこちら
>>トリシティ スペシャルサイトへ
  >>求ム、TRICITYモニター100名!

TRICITY MW125 カラーリング ■ブラックメタリックX(ブラック)■ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)■マットディープレッドメタリック3(マットレッド)
メーカー希望小売価格356,400円 (本体価格330,000円、消費税26,400円)

▲ブラックメタリックX(ブラック)
▲ブルーイッシュホワイトカクテル1(ホワイト)
▲マットディープレッドメタリック3(マットレッド)
「TRICITY MW125」主要仕様諸元
●全長×全幅×全高 1,905mm×735mm×1,215mm ●シート高 780mm ●軸間距離 1,310mm ●最低地上高 120mm ●車両重量 152kg ●エンジン 種類 水冷・4ストローク・SOHC・2バルブ ●気筒数・配列 単気筒 ●総排気量 124cm3 ●最高出力 8.1kW(11PS)/9,000r/min ●最大トルク 10N・m(1.0kgf・m)/5,500r/min ●始動方式 セルフ式 ●変速装置/変速方法 Vベルト式/オート ●燃料供給 フューエルインジェクション ●燃料タンク容量 6.6L ●制動装置 (前/後)油圧式シングルディスク/油圧式シングルディスク ●タイヤサイズ (前/後) 90/80-14M/C 43P(チューブレス)/110/90-12/ 64L(チューブレス)
【2012-04-21】八幡東区西本町にホシキモータースの姉妹店「スターズ」プレオープン
2012年4月21日(土)八幡東区西本町に
ホシキモータースの姉妹店「スターズ」オープン!
原付スクーターから大型バイクまで、豊富なラインナップでお待ちしております。
ぜひ、お近くにお越しの際はお立ち寄りください。








ホシキモータースへのメールでのお問い合わせはこちらから